忙しいアピール その3 By Y平

 忙しかったしこれからも忙しい。夏休みに入って本当に1日も休んでいない。毎日何かしらしている。何が休みか。これは「私、超多忙!」「バリバリ仕事こなしてるわよ!」的な輝いてるアピールでは決してなく、もっと仄暗い、負の想念を孕んだ「死ぬ」アピールである。
 しかし、往々にしてそういうアピールは誰も彼もにスルーされ、そればかりか、「それほどでもないっしょ?」みたいなノリでしたり顔をされるのでムカつく。とりわけ社会人様と来たら、「学生が何甘いこと言ってるんだ。俺達なんてもっと……」だとか言う言葉を枕にし、サービス残業がどうだとか、お盆休みが2日とかそういうお話をしなさる。そういう忙しいアピールをして、したり顔でしたり始めるのが奴らの行動パターンなのだけれど死ねよ。
 うるさい。全くもってうるさい。アホではあるまいか。したり顔のクソ野郎どもは、自分の状況を基本とした、相対評価しかできない。宇宙的規模で、絶対評価として見ることができない。
 分かりやすく言う。小さい小さいアリさんがいました。その傍らに人間様、つまりあんた達がいました。愚かなあんた達は可愛いアリさんに向かって、あろうことかデコピンをしかけます。ズビシ。アリの体はお前らのデコピンによってパラパラに弾けとび、目に見えないほど少量の体液を宙に撒き散らします。ゴトリ。はじけ飛んだ首が地面に転がっている具合。首だけとなったアリは、恨みを帯びた目であんた達を見据え、呟くのです。「死んじゃうじゃないか……」それを聞いたあんた達、大爆笑。「デコピンぐらいでなんだあ。俺達なんてもっと痛いことされることもあるぞう」
 言うまでもなく、アリが僕で、愚かな人間様があなた達です。つまりデコピンはあなた達にとっては痛くも痒くもないが、僕(アリ)にとっては致命傷になりかねない。そこんところを理解しないといけない。僕(アリ)にデコピンを耐えろと言っても、土台無理なお話です。あんた達が僕に向かってトクトクと「学生の気楽さ」を説く度に、上記のような残酷な行為をなさっているとお考え下さい。
 しかしアリは気づくのです。来年、アリは社会人というステージに上ることになります。社会とかいうとこは、デコピンどころか、車に轢かれる級のダメージを受けるところらしい。そういう世界にアリはこれから旅立たねばならない。そんな馬鹿なことってあるか。だって僕はアリだぞう。死んじゃうじゃないか。
 ポジティブ。ポジティブ。まあ待て。アリにとってデコピンと車ではどちらが痛いか。これは人間で言えば、介錯無しの切腹と、水爆で蒸発死するのとどっちが痛いかという質問に置き換えられる。無論、水爆のほうが痛くない。感じる暇も無いほどの一瞬の死。どうせ死ぬなら一瞬で死にたい。バラバラになった五体を携え、ジワリジワリと命を奪われるデコピンよりは、タイヤでもって一瞬で潰される車のほうが幸せな死であるとは言えまいか。言えるね。言えますね。
 そう思うと、今から旅立つ社会とかいうやつの最高なことと言ったらないですわ。僕はそこで一向一揆の僧兵のごとく、笑顔で敵に向かって切りかかり、はるか遠く、種子島をかまえる狙撃兵の一発でもって、額を打ち抜かれ、気づく間も無く死んでいく。当然、笑顔だ。命の灯が消えていくのを体中に感じながら「やった、ついに極楽浄土へ行けるぞう」と既に動かなくなった体でもってガッツポーズ。死という永遠の安息が今、僕の元に。社会人ってサイコウダネ。
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

第二回Y平の就活ラジオ By Y平

 第一回が音が小さくて全然聞こえなかったらしいので、急遽リベンジラジオやります。5:00から7:30あたりで父親が部屋に乱入し、必死にスカイプしてるふりしてごまかしてます。そこは飛ばすとスムーズです。
第二回Y平の就活ラジオ ~おしっこ彼氏~
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

第一回Y平の就活ラジオ By Y平

 話す力がびびるほどないので、ネットラジオでもやって鍛えます。これから隔週でやっていきますので生暖かく見守ってください。それにしても僕の声ほどムカつく声はありませんな。
第一回Y平の就活ラジオ ~気まずい人形劇~
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

就活日記 ~インターン面接~ By Y平

 何度も言うけど本当に留年したので、就職活動してます。といっても何をやるか分からない。ドラクエ3で言えば、オープニング終わったらいきなりロマリアにいた感覚。えっと俺、一体何をしたらいいのかな? 何、魔王倒すの? へ、へえ~……で、ルイーダの酒場ってどこ? みたいな。
 そんだからとりあえず、他の就活生のブログなどを見て就活のアブストラクトでも確認しましょうか。IEをポチリ。就活生ブログランキングの上位をじっくりと視姦ですわ。ふむふむ。「仮免前効果測定、合格しました!」そんな情報はいらない。
 んでも色々見るうちに、何か分かってきた。だいたい今の時期はみんなセミナーやらインターンやらしてるみたいだ。中には6月からOB訪問やOG訪問してるなんて人も。え、6月? 「僕もやらなくっちゃ!」などと思った瞬間、「これは就活生っぽい思考」とニヤリとする自分がいた。
 というわけで、就活サイトからソフトウェア系のインターンと、就活初心者のセミナーを申し込む。すると速攻でメールが来た。インターンの方では面接あるみたいよ。へ、へえ、やっぱり。会って話をするのは苦手だなあ。僕、メールのやりとりがいいなあ。
 ということであっという間に面接当日。前日までに一応、その会社のホームページをじっくりと見ておいた。よく分からないが、これが企業研究というやつか? それより重大なのは、一応見たは見たが、結局その会社のやってる仕事がよく分からなかったことだ。えっと、それでどうしたの? みたいな。まあ、やったという事実が大切なのだろう、と思うことでネガティブな想念を強引に打ち破った。いざや面接。
 まず道中。暑すぎる。なんだこのスーツとか言うやつ。意味わかんない。これ11月ぐらいに着て丁度いいって服装じゃねーの? 厚ぼったいスーツ、通気性の一切無い革靴。汗がダラダラ流れ、中に着てるシャツが汗でピッタリと体に張り付く。汗臭い。ビジネスすんのに汗臭いって致命的だろ。汗臭い奴はだいたい誰でも不快だと思うだろ。営業行っても追い返されるわ。汗臭いから寄んなっつって。
 バカだ。社会人みんなバカ。こんな暑い服装で仕事に行って、汗をかくのが仕事だと思ってやがる。こんな苦境を耐え抜いてる自分に輝きを感じちゃってる。そうですか、やはりみんなそっち系の人種ですか。クソ。
 とまあ、ムチャクチャな文句も出ます。それぐらい暑い。多治見で40.9℃。そんな日だった。そんな日に僕はなんか黒いスーツ着てる。黒いのは無駄に熱を吸い取る。これ、小学生の理科のお話です。じりじり。馬鹿な。時代はクールビズだったはず。こんな馬鹿な話があるか。僕はおもむろに厚ぼったいスーツを脱ぎ、片手につってみた。この服装は見たことある。営業っぽい。つーか電車ん中で周りのサラリーマンみんなその格好だった。ですよねー。暑いときはスーツ脱いでいい。これが社会人。学んだよ。スーツは脱いで片手につる。だったらスーツは最初から家に置いてきたい。と思ったがここは形式を重んじる日本社会だ。一応スーツも持ってるよ、っつーのが重要なんだろう。本当にクソだ。
 暴言が多いのは暑いからです。続けます。んで、地下鉄。もうすぐ目的の駅に着くなあ~ってところで、再度持ち物のチェックをしてみた。なんのこたあない、筆記用具と履歴書だけだ。これで忘れ物あったらどんなアホだって話ですな。僕は頭をかきかき、脳内で面接のシミュレーションなどを行う。したら気づいた。忘れ物あった。履歴書に写真が貼ってない。
 てへへ、怖い怖い。まったくイージーミスってのは怖いぜ。とかなんとか独りごちつつ、写真を取り出し、履歴書に貼ろうとしたが貼れなかった。そもそも写真を撮ってない。
 「どんだけぇ~!?」と若者らしく焦ってみせると僕は猛スピードで思考し始める。時計を見る。それじゃなくても遅刻ギリギリの時間帯だ。時間はない。考えろ。携帯の写メで……漫喫で印刷……馬鹿な! 落ち着け! そもそも漫喫にプリンターがあったか? いや、違う。どっちにせよ漫喫はダメだ! 落ち着け!
 そうだ! だいたい駅にはスピード写真てのがあったはずだ。名駅でもみたことある。しかし、果たして僕の行く駅にはあるだろうか? 結構地味な駅ぞ? いやいや、確か東山公園の駅でもあった。動物園の駅でもあるくらいだ。企業の最寄り駅にないはずがない。大丈夫、落ち着け。無かったら? え、無かったらだって? ……逃げる? 逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ。そのまま面接やっちゃうかい? 正直に告白してそのまま渡す? 後日持ってきますので? 落ちるかな。僕が人事だったら落としたいなあ。でもそんな些末なことで落とすって……いや逆に、そんな些末なこともできないダメ人間じゃない。だから落ちる。なるほど、なんてロジカル。
 とかなんとか考えてたら最寄り駅に着いた。僕は猛スピードで電車を出ると、そのまま駅員に食って掛かる。「スピード写真ってありますか!?」答えはYES。でかした。でかした最寄り駅。駅員の指差したほうにガムシャラに走っていくとほんとにあった。いやほんと、後光がさしてたね、あの写真機。
 なんとか写真を撮ってひと段落。時計を見ると、まあ余裕だった。5分前には着きそうな感じ。果たして5分前が余裕かどうかと言えば余裕ではないが、写真が無い5分前と比べると余裕だ。僕は駅の片隅に座り込むと、早速写真を貼りにかかる。
 したらねー、気づいた。スピード写真ってさ。8枚ぐらいでてくんだけどさ。それ、くっついてんだよね。一枚の紙に8枚くっついてる。プリクラ形式っすよ。でもくっついてたら履歴書に貼れないじゃない。まさかデカデカと8枚貼るわけにもいかんしさ。どんな自己アピールですかって感じ。汗がダラダラ流れてきた。もちろん暑いからではない。
 んで、プリクラだと近くに鋏で切るブースがあったりするじゃない。ないの。スピード写真には鋏がない。あめえよースピードさんよー! ツメがあめえよー! 鋏ないと意味ねーじゃんよー! 僕みたいなオッチョコチョイさんのためのスピード写真なんじゃねーのかよー! オッチョコチョイなめんな! お前たちの想像の上を行くのが僕なんだよ! 役にたたねえスピード野郎だぜ! 死ね! といっても死ぬのは僕です。最悪だよー僕、死ねよー。
 待て、諦めるのは早い。とりあえず、写真に折り目をつけて、手で破りきろうと努力してみる。……おお! 切れる。割とキレイに切れる! これならイケるじゃない。ものすごくキレイな切れ目で横に切ることができた。次、縦に切る。びりり。僕の顔が半分になった。なるほど、横と縦だと繊維のパターンが違う。横に切れても縦には切れない。手で切るのは不可能だ。死にたい!
 これは逃げるターンかもな……と本気でダメな人になりかけたところで思い出す。おもむろに前日に印刷した企業までの地図を見る。ビンゴ。コンビニがあるじゃない。コンビニで鋏買えるじゃない。ビバ、現代社会。すげえよー現代。スピード写真もあるしコンビニもある。どんなオッチョコチョイ仕様の世界だって話ですよ。現代は僕を見捨ててなかった。こんなゴミでも見捨てない現代は本当にすごい。
 ドタドタと駅の階段を駆け、地上へ。暑さもすでに感じない。心頭滅却すれば何とやら、仕事に追われれば暑さなど感じぬわ。思えば、この精神が営業の不屈の闘志をはぐくむのではあるまいか。そこであえてスーツを着、暑さという苦行を課しているのでは。すげえ、すげえぜ社会人。クールビズとかアホだ。温室育ちのアマちゃんの考えよ。
 まあ関係ない。鋏を速攻で買い、迅速かつ丁寧に写真を切り取る。そして履歴書にデフォルトでついてる貼り付けシールでもって、バカンと写真を貼り付けた。あとは遅刻しなければ完璧。時計を見やると集合時刻の7分前。間に合う。駅からはそう遠くない。地図を4秒だけ丁寧に見直すと、ドンっと地面を蹴って走り出す。左に右に、ギュンギュン路地を駆け抜けて行く。狭い路地を抜け、パッと開けた道路に出た。既に企業のロゴがはっきりと確認できる距離だ。あった! 間に合う!
 そうして僕は、小奇麗な企業の受付へとたどり着いた。時刻は集合時刻の5分前。僕は10秒間たっぷり使って荒い息を整えると、受付の電話をとり、担当のものを呼び出してもらう。担当者が受付に来るわずかな時間でもって、体中の汗をすばやくふき取る。受付のピカピカ反射する机に自分の顔を映し、乱れた髪形を極力直すのも忘れない。上着も着た。完璧。こんな苦境を乗り越えた後では、最早面接などに微塵の緊張を感じることもないように思えた。いつでも来やがれ。
 担当者の人がかけてきた。可愛らしい女性だった。笑みを浮かべながらトテトテと走ってくるその人を見て、「大丈夫、自分はやれる」と感じる。
 僕の前で担当者は立ち止まると、申し訳なさそうに言った。
「すいません、連絡の不備がありまして……面接は1時間遅れで始まります。なのでどこかで1時間つぶしてきてくれませんか……本当に申し訳ありません」
 僕はそれを聞くと、「あ、そうっすか。すいません。じゃあどこかで時間潰してきます」とニコヤカに答え、踵を返した。エレベーターに乗ると、妙に暑く、やはりスーツを着て悦に入っている社会人みんなアホと一人ごちた。面接は無事受かった。
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

きまずい下ネタ By Y平

 今月の25日にまた人形劇の公演があり、今からチョクチョク作り物をせにゃならん。楽しいけどこれが割と大変。製作物をいざリストに書いてみると、小道具から人形まで膨大な量があったのでこれは一人じゃ無理っす。
 と言う事で、先日、全然サークルとは関係ない僕の彼女に製作を手伝ってもらった。

~鰻のスフレオムレツ~ By Y平

 突然だけど、先日作った料理を紹介するよ。なぜ紹介するか? それは他でもない僕のイメージアップのため。料理シーンをアップすることで、「Y平さんは料理も作れるんだ、すごーひ」とあなたに思わせることが狙いである。本当は「料理『も』作れる」ではなく「料理ぐらいしかできない」が本当のところであるが黙れよ。最高の自分を演出したい、最高の自分を見せてやりたい、そして、モテたい。この感情、オウ、とってもプリミティブ! ノリ的には、「顔晒しします!」と一人で盛り上がって、奇跡の一枚をインターネット配信するブロガーやらSNSユーザーのノリに似ている。この自己顕示欲のせめぎ合い、たまらないね。
 ということで、先日、土用の丑の日に「鰻のスフレオムレツ」を作ってみた。
この料理、実はご存知「ミスター味っ子」で出てきた料理。レシピはないけど、漫画で見た記憶を頼りにノリで再現してみた。

女子高生は苦手 By Y平

 大好きなモノは断然女子高生だ。ブレザーでもセーラーでも大好き。特にこう、肩掛けカバンがスカートに引っかかって、ヒラヒラと持ち上がってる様なんか見ると興奮する。見える……見えそうだ。ああん、でも見えない! 見えないのがいい。そのハラハラが楽しい。見なくてもいい。パンツ本体はインターネットで見ればいい。グーグル検索→「パンチラ 画像」
 しかしまた、苦手なモノも女子高生だ。なぜって怖い。奴ら怖すぎる。あいつら自分が可愛いこと知ってる。知ってて僕らキモメンたちをビクビクさせる。奴らは若さと自身の可愛さにまかせて、強い主張を押し通してくる。そして可愛い女子高生ほど、男を知り、僕よりませているのが定石だ。また彼女らは気持ち悪いものを見ると、素直に「キモーイww」と言うことができる。素直に気持ち悪がられる可能性、これが堪らなく怖い。大人は気持ち悪くても気を使って言わないので良い。言わないことが、優しさなのかどうかは分からないけれど。
 別にいいんだ。普通なら、女子高生が僕の生活に絡んでくることなんて毛頭ない。んだけども悲しいかな、僕のバイト先のコンビニは9人中6人が女子高生である。地獄だ。だってやつら画像の女子高生じゃない。生きて、動いて、コミュニケーションを要求してくる女子高生だ。それにいくら可愛いっつったって、目の前でオナニーできるわけじゃない。何のメリットがあろうか? ……何、付き合うだって? そな、おま……女子高生と付き合うだって!? それ、人間業やないで! ときどき、「俺、女子高生と付き合ってっから」とか吹く輩がいるけどそれは都市伝説っつーか、口裂け女的なポジションで受け流すのが大人です。僕、騙されない。羨ましくない。もう、泣かない。
 んで、コンビニよ。僕のコンビニって二人制なの。二人っつーことは、女子高生と二人って言う場合もあるわけ。可愛くて恐ろしい女子高生と二人っきり。これが、忙し過ぎてコミュニケーションしてる暇なんてないわあ! っていうコンビニならまだ良いんだけどね。まあ暇なんだわな、僕のとこ。勤務時間の70%ぐらいボーっとできる。そうなると自然、バイト同士の交流が生まれるわけだ。しかし僕は女子高生が苦手だ。ここが問題。
 先日バイト行ったら、運の悪いことに、女子高生バイトの中で一番アッパー系のOさん(15歳)がパートナーだったわけ。そのOさん超こええんすよ。目つきするでえし、深夜2時くらいにコンビニで男とたむろしてそうな顔してる。アッパーな彼氏と、上下スウェットで名古屋闊歩してそうな顔してる。田舎のヤンキー臭が物凄くする。無駄に可愛いのが更に怖い。陰キャラを情け容赦なく見下す顔だ。
 そして決定的なのが世代の違い。信じられるか? Oさん、ドラゴンボール見たことないっつってたよ。ギャーだよ。完敗だよ。ミスター味っこが朝7時に再放送してたこととかもたぶん知らない。タルる~と君が無駄にエロいことも知らない。マジかよ。どーすんだよ。まるで僕がお爺ちゃんになったよう。「じーちゃん戦争の話ばっかじゃん!」などと孫になじられてそうなお爺ちゃん。世代の違いはこうも残酷かね。
 一番苦手なタイプの女子高生を前にし、マジでどうしようもなかった。二、三、どうでもいい会話を交わした後、二人して押し黙る。聞こえるのは有線ばかり。客は20分ぐらい来ていない。重苦しい雰囲気から逃げるために、ふらりとレジを離れ店内を見回る。ビンを前に出したり後ろにしたり、床を箒で掃いたりして時間を潰した。それでも時間は大して過ぎなかったので、うまい棒の成分表示を意味もなく眺めてみたりした。仕事してる人っぽく真剣にうまい棒を眺める。なんて苦痛だ。やることがない。二人して再びレジへと納まる。無言。帰りたい。
 しかし僕は口下手、特に女子高生様に話しかけるうまいコミュニケーションツールなど持ち合わせておらんのです。なので僕はこう言った場面で、幾度となく、妙なハイテンションで会話を切り出し、人生を駄目にしてきたように思う。損をしてきた。
 落ち着け。落ち着いて、多くを語っちゃいけない。軽々しく下手なトークを繰り出せば殺られる。女子高生とはそういうものだ。僕は口からでかかっている「この前インターネットラジオをやってね……」という破綻ワードをすんでのところで飲み込むと、必死に押し黙る。押し黙ったところで何か会話の糸口を見つけ出そうと頭をフル回転させるが、出てくるのはインターネットラジオばかり。僕は一体何だ?
 とか何とか苦しんでいると、段々Oさんにムカつきを覚えてくる。なんで僕がこんなに気を使わなきゃいけねーんだ。くそ。何様だ。可愛い顔しやがって。お前が画像上の女子高生だったらとっくにオナニーしてっぞ。などとムチャクチャな理論でOさんに食って掛かる。もちろん脳内でだ。はあ~あ、そっちがその気ならこっちも俄然知らんぷりを続けるモンね。駄々っ子である。
 数分の耐え難い沈黙。よっしゃ、もっかいうまい棒でも眺めてくるかなと思った矢先のことだった。Oさんが沈黙を破り、突然口を開いたのだ。
「そういえば、膀胱炎になっちゃいましてね」
 ええー。膀胱炎―。「ファーストトーク、膀胱炎! 3万点!」思わず心の中でマサルさんがジャッジしたので吹き出した。おま、膀胱炎って。沈黙を破る会話が膀胱炎って。何。
 吹き出すとともに僕はOさんに対して一気に親近感が沸いたのだ。Oさんは僕に気を使い、珠玉のネタを下ろしてきたわけだ。てっきり僕と話すのを拒否しているのかなと思っていたのに、こいつぁとんでもない誤解だった。実にいじらしい。先輩であるはずの僕は、思わぬOさんの気遣いに恥を覚えた。僕はなぜ後輩に気を使わせているのだ。こんなことまで言わせるなんて……年長者失格じゃないか。
 その後も、Oさんは「オシッコ出すときに、こう、普通の痛みじゃなくて、内臓が痛むんですよー」とか、「手術までって程はいかなかったんですけど、危うく挿れられるとこでした」とか、自分を切り売りするようなネタで盛り上げようとしてくれ、僕は大いに和んだ。なぜこの人は僕に女性器絡みの話をするのだろう。なぜ僕は親しくもないOさんと、Oさんのオシッコ関係の話をしているのだろう。そう思うと無闇に笑えてきて、大分リラックスすることができた。
 最後にOさんは、「もう絶対、我慢しませんよ」という決意で会話を締めにかかる。それを聞いて僕はニコニコしながら、リラックスした調子で言葉を返した。
「へえ、Oさんオシッコ我慢するイメージないけどなぁ」
 当たり前だ。逆にオシッコ我慢するイメージってなんなんだ? 初対面に近い女の子の尿意の感じ方まで僕はイメージしているのか。言ってしまった後、マイクロセカンドのスパンでその意味を理解し、僕は自分のウカツさに気づいて唖然とした。Oさんはそれを聞くと、一瞬表情を曇らせ、「っすよねー」などと生返事して、また押し黙った。
 ここに僕とOさんの間の壁が、半永久的に崩されないことが約束された。その日僕は終始うまい棒を監視するに徹したのだった。
 やはり女子高生は苦手だ。というより全体的に苦手だ。人生とか。
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます