東海オフ詳細と女子バレー日記 By Y平

東海オフ参加者11名に向けて
こんにちは、初めての人は初めまして。Y平です~。
九月五日の東海オフについてお知らせいたします。
日: 九月五日
集合時間: 17:30
集合場所: 名駅高島屋時計台下。裸のCDを振り回しながら待ってるやつが目印(Y平です) 遅刻注意!
飲み場:町屋風居酒屋 観九朗
会費:2000円~4000円 (飲み放題付 二時間)
一言:せっかくなので、いろんな人と話して楽しんじゃいましょう。引っ込み思案は損だぜ!
参加人数は今のところ11名です。
連絡・質問・不備などがあれば下記のアドレスに遠慮なく送ってください。
また、欠席はできれば3日前までに連絡してください。おねがいします。
Y平アドレス
PC:h043056bあっとマークyahoo.co.jp
当日会えるのを楽しみにしております。
参加者の中でメールが届いてない人は、必ずご連絡ください!!
-----------------------------------------------------------------
こんなオフ告知で終わっちゃあ男が廃るってモンよ日記
(別におもしろくないからスルー可)

人形劇の公演が迫っておりまして、のっぴきならない状況に追いやられています。
せっかく増えた訪問者も右肩下がりに減っていくので、僕としてもアイタタタと言った感じ。
まあそんなこんなで、最近は人形劇漬けになっておるかと思いきや、やはり僕は廃人ですわなあ。
がんばらないかんときに、絶妙のタイミングでサボるのが僕でして
女子バレーばかりを見てグヒヒグヒヒ言っております。
いやあ、女子バレー。カワユスでがんすな! カワユスでがんす!
ぼかあバレーボールに関しては全くの素人童貞ですので、竹下もうちょっとセンター線使えだの、サーブカットがうんたらだの言うのは差し控えさせていただきますが、そんな圧倒的諸事はどうでもいい。そんなんはニュースでも見ればいい。
俺が言いたいのは女子バレー陣の圧倒的可愛さ。
もうなんなん? あの木村沙織の可愛さは何?
決めたときのあの弾けんばかりの笑顔。そしてこれまた弾けそうな張りのある乳。
僕のスカウターは推定Dカップを指しております。
日本が得点して嬉しいなんてのは、嬉しがりかたとしてはパンピーのレベルを脱し得ない。やはり日本の得点より木村沙織の乳笑顔。これを見るために止む無く日本を応援するのが私、玄人童貞の本来のあり方であると思っております。例えば木村沙織がロシアチームにいれば、僕達は簡単に母国を裏切ります。ロシア頑張れ~!! ファッキン!! イエローモンキー!! 非国民上等!
しかしまあ、ここで不思議なことに気がついちまったんすわ。
というのも、コート上では蛯原もびっくりの美しさをもつ木村沙織でありますが、いったんコートから離れると可愛さは激減。なん? 普通の子でねえすか。なんて興ざめする僕。さっきまでDカップだった胸も途端にBカップくらいにしぼんで見える。なん? パットかや?
落合真理なんていう24歳の娘なんざ、コート上では15歳。あどけなさの残る顔つきにちょっぴり見せる大人の顔、妹は女になった……だなんていうまったくもってチンコボルケーノなキャッチコピーがつきそうなロリ顔に見えるのに、やはりコートから降りると途端に老ける。なんかサンプル画像では15歳くらいに見えた人が、実際にはおばさん顔だった。そんなAVをベイビーピンクあたりでダウンロードしちゃったときの落胆。(何がロリータ女子校生だ!?)こうしたイベンツが女子バレーには氾濫している。
(余談ですが、女子校生と女子高生の違いはAVにおいてはかなり大きい)
思い起こしてみるに、僕の大好きだった栗原恵、略してクリちゃんも、コート上では榮倉奈々に勝る可愛さをもち、童貞なら4回程苦もなくあげちゃいたいくらい可愛かったのに、コートから降りるとこれまた普通の娘であったように思います。
やはり総じて考えると、女子がバレーボールをやっている姿はとりわけ可愛いものがあるらしい。バレーボールは女を3倍増しに見せる。
きっと榮倉奈々がバレーやったらとんでもない可愛さなんだろうな。
ああ、奈々ちゃんのブロードを30発ぐらいぶち込まれてえ。背中にぶちこまれてえ。
-------------------------—-クソ日記終了---------------------
今から徹夜で人形劇の脚本書く。誰か書いてくれたら僕は非常に喜ぶよwwww???
マジ忙しい。ブログとか破壊したいわマジでwwwww

はあちゅう手帳を宣伝し、ついでにその想いを伝える By Y平

はあちゅう手帳
さてさて今行っている自動車学校もいよいよ大詰め。
法廷速度とかあらゆる規制を無視して路上をブンブン走る僕は、
今日も教官に怒られています。
そして更にキュートなことに、先日セルフなセックスを終えた後、
虚脱感、後悔、自殺願望にさいなまれた僕は、全てを忘れようとするかのごとく、
崩れるようにして畳の上でスリープ。
そんときに首を寝違えたらしく、左右の確認が億劫な状態に陥る。
「ちょっと、左右確認しようよ!」
「うるせー、痛くて向けねえんだよ! 左右の確認はあんたに任せた!」
「ちょ! もうあんた、やめさせるよ!?」
「だまれ! 俺はただまっすぐ進んでもいいんだぜ? 死ぬのはあんただ!」
そんな心温まる会話がなされている教官と僕のラブスペース、
ぜってえあの教官殺してやる。助手席側に電柱ぶち当てたる。どうも、スピード狂です。
えっと、僕の免許事情などはどうでもよくて今日言いたいのはこれです。
はあちゅう手帳
笑顔は聖母、心は天使、そして行動力はどこぞのシャチョさんレベル。
かつ学生ブログという庶民的な分野でのカリスマ。そんな我が愛しの、いや、
人類全体の最後の希望、はあちゅうさんが2007年の手帳をプロデュースしたそうです。
その名も「はあちゅう手帳」
手帳業界にはめっきり疎い僕ですので、手帳の良し悪しなどは分かりませぬが、
僕個人の意見としては機能性に富んだ手帳だと思いました。
少なくとも僕の手帳よりは優れています。
手帳マニアのはあちゅうさんがプロデュースしただけはあるようです。
はあちゅう手帳デザイン

デザインはこんな感じ。もっとこう、はあちゅう色が全面的に押し出された
キャピキャピ感がでてたら、とたんに萎えるところですが。
その点安心なようで、実用的になるようシンプルなデザインにしてある。
単なるはあちゅうグッズでないあたり、ヤッコさんも本気よ。ふふふ。
詳細はこちら → 「はあちゅう手帳詳細」
また、宣伝して「~はあちゅう主義~」にトラックバックすると、
抽選でプレゼントが当たるらしく、早速トラックバックをはあちゅうさんにぶち込んでみる。
うまい、はあちゅうさん、プレゼントとはうまいぜ。
ただ単に自分のブログで宣伝するだけじゃなく、
学生ブログ全体を盛り上げる形にするあたり、
やはりはあちゅうさんはその道に長けてるね。
プレゼントはC賞でおねがいします。
手紙もらえるんだら!? あのはあちゅうにだぜ!?
はにゃん! 感じちゃう……! ビクビクッ!
当分おかずには困らんぜよグヒヒ!!
---------------–こっからははあちゅう手帳とは関係のない内容です---------------—-
さて、こういう風に上位にトラックバックをすると途端に
「おいおい、売名行為かい? きったねえなあ……」
などと揶揄されるのが嫉妬と策謀のうずまく学生ブログの特徴でありまして、
やはりディスプレイ越しの何人かもそういった類のことを
抱いていることだろうと思います。
はっ、カス野郎! 邪推よ!
だいたい俺のはあちゅうへの愛は、お前らのそれとはワケが違うってえもんよ。
この記事この記事で書いたとおり、俺ははあちゅうが大好きだ。
なぜかって言えば、ヤッコさんのさきっちょ&はあちゅう恋の悪あが記。あれの力が大きい。
まあ確かにキャピキャピテンションで、受け付けれない人は受け付けないと思うノリだけども、
なんかあれほど読者ともども巻き込んで盛り上がるノリが大好きでね。
展開が普通におもしろかったんだよね。笑えるギャグというよりは展開が。
コメント欄が荒れたりしたのも、ネットの典型垣間見た感じでおもろかったし。
普段は恋愛記事なんてファッキングなんだけどね。不思議だわ。
---------------–こっから下ネタ。はあちゅうさんは見ちゃダメ--------------------—
そんなこんなで、俺のはあちゅうへの愛はそのころから起因する。
「この人、なかなか面白い人じゃね?」
から始まった想いは、いつのまにか
「あ~、なんか一緒に飲んでみたい。」
というリアルな恋心へと変わる。いや、待てよ。普段の俺ならここでふざけて
「あ~、なんか飲んでみたい。尿を。」
って下衆すぎる下ネタになるじゃんね?
でもそうじゃないんだ。そんなん恐れ多くて書けない。
そりゃネットで、
「好きですぅ!! 特にスカが好きですぅ!!」
って叫ぶのはイージーよ? しかしそんなん、周りからしたら
はいはい、ワロスワロス。という感じ。
リアルな恋心はそんなダイレクトな表現じゃなく、もっとこう控えめなものです。
だいたいはあちゅうで下ネタなんて書けるもんじゃないよ。
はあちゅうなんだと思っとるん?
俺の気持ちははそんなチャランポランなもんじゃない。
例えば、はあちゅうから
「あなたの童貞を3回ください。」
と言われたら、確実に提供する。郵パックより確実に提供する。
しかし童貞を3回? 矛盾する単語の組み合わせにパンピーたちは
「そんなん無理だ!!」
と口々に叫び、なんのアクションも起こすことなく枕をぬらす。
はっ! シャバ造ならそうなりますわいな!
しかし俺は違う。
まずファースト童貞。
まあこれは、僕も丁度童貞なことですし、はあちゅうさんの合意さえあれば
達成しやすい名目であります。
(合意にたどり着くまでの難易度は僕的には取るに足らない事象であると認識しております。
二人さえいればそれでいい。)
名古屋の77に行って、三時間ご休憩¥4500。
僕のいぶき山を日本海溝に沈めればミッションコンプリート。
早漏の僕には時間は3秒といりません。簡単です。合意さえあれば。合意さえあれば。
こうして、はあちゅう(20)にY平(21)は見事ファースト童貞を献上。
ことを終えたY平は、やおら舌を噛み切るとそのまま絶命するのです。
そして月日は流れ15年。昔カリスマブロガーだった伊東春香(35)も
今ではすっかり落ち着いて二児の母。
最近の不満といえば、夫の帰りが少しだけ遅いことくらい。
でもウチの旦那、どんなに疲れてても家族サービスは忘れない。
私、知ってるのに。ほんとは遅くに帰ってきて、
さらに家でもパソコンに向かって仕事してるあなたを知ってるのに。
あなたは知らないと思っているけど、私、知ってるんだから。
あなたががんばり屋さんなこと、知ってるんだから。
愛してるわ、あなた(はぁと
そこで出会ってはいけない二人はまた出会う。
Y平(15)であった。
そう、Y平の深い愛が転生してもなお、再びはあちゅうと
惹き合わせるに至ったのだ。
大須の商店街で出会った二人。会話はいらなかった。
魂のレベルで二人はお互いが誰であるかを認識した。
頭では分かっていないが、しかし二人とも、なぜかあの日河原で約束したことが頭に浮かぶのだ。
はあちゅう(35)「あなた……ケンタ……次郎……ごめんなさい!」
二人は再び一宮のおしゃれ貴族で結ばれる。
昔いぶき山だったY平の山は、今度はマウント富士のように成長していた。
死んだら強くなるというムチャクチャな設定のシャーマンキングのように成長していた。
しかし、持ち前の早漏は直ることなく、2秒で果てる。
「ひい……ひい……」
息も絶え絶え、童貞らしいY平の疲れた様に、はあちゅう(35)の心は揺さぶられる。
そして熟したマダム、春香は妖艶に笑う。
はあちゅう(35)「もう……そこは変わっていないのね。フフフ。」
はあちゅうのテクニークな舌が再びY平を
奮起させようと、Y平の胸板を撫でる。
しかし約束とはいつでも残酷なもの。Y平は既に舌を噛み切って果てていた。
それを確認すると、はあちゅうの眼は死んだ腐魚のように虚ろで、かつ切なく濡れる。
マスカラを滲ませ、彼女は既に肉塊と化したY平の横でポツリと呟く。
はあちゅう(35)「離婚……しよう。」
月日は更に流れる。残酷なもので、あれから30年たった今。
さすがの伊東春香(65)の肉体にも老いという残酷な現実が突きつけられた。
夫と別れたことが、正しかったかどうかは分からない。
でもあの日、あの場所で彼のマウントを感じた私には、
もう夫のもとへ……子供達のもとへ戻ることはできなかった。
それが私の本音であり、償いでもある。そう割り切りたかった。
……でももう限界。何も残されていない私には、この道しかないみたい。
ごめんね、あなた……Y平。
夜の鶴舞公園。春香はワイヤーロープを木にくくりつけると、
そのまま暗い表情で立ち尽くした。
そして突然、意を決したように首をロープに……
「待てよ!!!」
突然、春香の後ろで鳴り響く怒声。誰かは分かっていた。
「あんたは本当は死にたくない! 遣り残したことがいっぱいある!
そうだろ? 誰かに止めてもらいたくて、わざわざ鶴舞公園なんていう人の通る場所を選んだ。
ホントは死ねない、弱虫だ! あんたに死ぬ資格なんてない!」
振り向くと、やはりそうであった。
Y平(7)であった。二度の転生を経て、彼らは再びひかれあった。
「ああ、神さま!!!」
春香(65)は倒れこむようにしてY平(7)に抱きつくと、
そのまま肉欲にまかせて体を奮った。
Y平の山は、既にエベレストのように成長していて、
春香は「マンキンの作者もなかなか粋な設定見せてくれるじゃないのウッシッシ。」とちらりと思った。
二人は夜の鶴舞公園で、星を見ながら横になった。
「もう……死ななくていいからね。」
「うん。ずっと一緒に……」
45年越しの恋は、その瞬間ようやく身を結んだ。
-----------------------------------------------------------------—
まあ僕は日ごろの行いが悪いので、たぶん何回転生しても人間には戻れず、
どうせツメダニとかなんかに転生しまくって、うまくはいかないのでしょうが、
つまり僕はこれぐらい真剣だということです。
そういうことはどうでもよくて、ほんと今回はやりすぎたので
はあちゅう(20)さん、容赦なくトラックバック等は削除してもらって差し支えありません。
はあちゅうさん、ならびにはあちゅうファンに深く、深く謝罪します。
香港留学がんばってください。手帳買います。
↓ここをクリックするとランキングに投票されます(現在28位)

泥酔彼氏の正直破談な日々 By Y平

さあ、今日も今日とてブログの更新なんて二の次。
酒にバイトにサークルにと大学生な日々を謳歌しております。
つーか夏休みに家でカタカタブログ書くなんてびっくりですわ。
もっと生産的なことをしましょうやな。大学生だものね。ってことで、仕事の書類作成中、
「たまにゃ息抜きもしないと!」
と言い訳しながら無理やりブログの更新をする僕。廃人ですこんばんは。
先日、異性の方、僕みたいな気持ち悪めの男が、
20センチ以下の距離で話していても別段とがめられない異性、
ありていに言えば彼女、そう彼女です。
彼女のお祖父さんの家にお邪魔する機会がありました。
彼女のお祖父さんの家。
お祖父さんの家っつったらアウェーもアウェー。
女子バレーのキューバもびっくりのアウェーっぷりでございまさあな。
当然アウェーに赴く彼氏の僕はといえば、緊張でゴチゴチ。
ちょっとでも粗相をおかそうもんなら、たちまちお祖父さんの散弾銃的なものが
僕に向けて火を噴く。そんなイメージの取り巻く死地に行くわけですから、
緊張しないほうがおかしいってもんっすよ。
そういうわけで電車でゴトゴト揺られながらやってきましたお祖父さんの家。
彼女との会話もそこそこに、僕は散弾銃、ナタ等殺傷力の高い武器の位置を確認、
万が一を考えて動く。それがプロよ。
挨拶をし、重いドアを開くとそこには恰幅のいいお祖父さんとお祖母さんがワンペア。
二人の表情には人のいいオーラが滲み出ており、
優しさのつまった家庭を作ってきた遍歴などが、その一挙手一投足に現れております。
でも油断は禁物。なんたって僕はお祖父さんにとっては、
可愛い孫娘をたぶらかす変な棒を持ったオス以外の何者でもない。
僕がうっかり口を滑らせて「結婚」などと言うアウターな単語を発しようモンなら、
たちまちにして背中に隠し持っているであろう散弾銃が、ゼロ距離で僕の体を砕く。
そんなBØYなお祖父ちゃんだったら堪らんので決して甘い顔は見せぬ。
むしろ喋って失敗するくらいなら、ずっと喋らずに帰る。
コミュニケーションの方法を解さぬ僕にできる良策はこれしかありませんでした。
いやまあ、グチグチ言うてますが、リアルに緊張して喋れなかったわけで。
あまりに喋らない僕に気を使ってか、お祖父さん。席に着いた僕を見ると
「喉かわいただら? まあ飲みん。」
といってペットボトルのお茶を一本くれました。
「ありがとうございます」
とかなんとか言って深々とお辞儀していい子ぶる僕。
あまりの礼儀正しさにお祖母さん、
「思ったよりいい人そうな人やねえ」
だなんて賛美の嵐。ぷぷ、ほんとはデブ痴女動画ばっか見てる変態なのにwww
ぷぷぷ。あー、「アナルバイブ!!」とか唐突に叫びてえー。
ほんとの私を見てもらいたいわ……ヒギイ!
などといつも通りの卑猥で破滅症なことは一切考えず、
ガクガク震える手でお茶を一気に飲み干す。するといきなり感ずる違和感……
!?
おかしい、おかしいんですよこのお茶。確かにベースにはお茶の味を感じるんですが、
この喉を通るときにジュワっと熱く、そしてツンとする香り。
恐る恐るペットボトルのラベルを盗み見ると、デカデカと
「お茶のチューハイ」
の文字。酒やん。
「あんたにはこっちのがいいと思ってなあ! ガハハハハハ!」
なんだこの爺ちゃん。孫娘が連れてきた彼氏に、会って二分で酒。
どうリベラルに育てばこういうもてなし方ができるんだ。
余計なことに僕の彼女、お爺ちゃんに「彼氏は飲める子だよ。」などと吹聴してたらしく、
それを真に受けたお爺ちゃんは最初から僕に出すドリンクは
全てアルコールにしようという、とってもアルハラーなことを考えていたらしい。
その後始まるのは、世代を超えた心温まるコミュニケート、というよりは専ら酒。
9対1の割の水割り800ml、350ビール2本。生中2杯と立て続けに飲み、
いつ急性アルコール中毒で死んでもおかしくない状態が続きます。
しかしお爺ちゃん、
「もう酔っちゃったのか? 全然強くねえなー! ビール20本ぐらいあけな~!」
アルハラや。このお爺ちゃんモンスターやで、
ポケモンだったらアルコールポケモンとか設定されてるはず。
ビール20本ってあんさん死ぬで。孫娘の彼氏を殺そうとしてるんやで?
しかしまー、なんですのん? 確かに僕は酒に強くはないですよ。
つーか強いなんて一言も言うてないんですがね。でもねー、なんか
「強くない!」って断言されるとカチンとするもんでね。
「何を言うかこの爺!」ってなもんで、その後もガシガシ飲み続けましたよ。
このお爺ちゃんぜってえヒイヒイ言わせたるってな感じで。
いや俺もちっとは思ってたけどさ、やっぱ間違えたね。
このお爺ちゃん、リアルに缶ビール20本ぐらいならヒュって飲めるみたいで、
とても僕が手におえるモンスターじゃなかったみたい。
当然の如く、僕は早々にノックアウト、便器を食べるかの如く大口開けてリバースし、
食べた焼肉が全て便器に吸い込まれる。
ああ下痢みたいだなと薄れいく意識の中、流される肉片たちを見て思ったのが
僕の記憶の最後です。21にもなって記憶バニシュ。廃人や。
彼女の話によると、その後の僕は相当だったらしく、
ブツブツうわ言をつぶやきながら寝、オプションとして涎をダラダラ、
挙句の果てにながーい鼻水をニョロリと一本。そんなシャブ中同然の彼氏を
車で迎えにきましたるは彼女の父親。えっと、死にたいんですけど^^
結局、彼女の家に一泊して事なきを得たのですが、リアルにこの一件は
僕と彼女との今後に影響を与えそうでなりません。
お父さ……じゃなかった、おじさんダイジョブか?
俺が父親だったらそんなアル中撃ち殺すもん。ヘッケラー&コックとかで。
そんなこんなで、あーもー死にたーいなどと無気力につぶやきながら、
COをより楽に吸える方法などをネットで検索していたところ、
なんと僕らのブログが「伝説のきりかぶ」で紹介されておりまして、アクセス数爆発。
ほんとナイスなtaks君。
そのおかげで、恋愛とか勉強とかあらゆる諸事がどうでもよくなり、
やっぱ俺にはブログしかねーよ、ブログばんざーい。などとつぶやきながら深夜、
久しぶりに更新してるってえわけ。ちんこ握った手で。一酸化炭素吸いたい。
↓ここをクリックするとランキングに投票がされま一酸化炭素吸いたい

ギャップ料理 By Y平

「ハアハア……デブ動画……もっと俺にデブ動画を配信してくれる
良心的なサイトはないでがんすか? ハアハア……」
上記の通り、最近はデブ痴女がミニマムな男を犯しまくるという、
かなりレベルの高い動画ばかりを、貪り見ておりまして……
いやはや、我ながらいよいよ危ない領域に達しつつあるものです。
かと思えば、急に非デブの熟女モノ――これも総じてありえない程の
ド痴女、そしてブサイク。――で己のマウント富士をボルケーノさせたい衝動に駆られたり。
はたまた榮倉奈々の長い足でギュウギュウ首を絞められながら、
加藤ローサのパンチラを凝視したい。
(当然榮倉奈々は裸足。そこは譲れぬ。それが俺のダンドリ!!)
そして溢れるリビドーを俺の乳製品的なものを介して榮倉奈々にぶちまけ、
「てめえ、何かけてんだよ死ねよ!」
と上記の二人に蹴られまくりたい願望が浮上。
ああ、二人とも……ドラマとは違うのねゾクゾク。
しかし、ここで21歳の男子が当然抱くであろう榮倉奈々というセックスシンボルを
垣間見せておきながら、一方で、13~15歳のホンマモンのロリドルに、
抑えきれない性欲を感じ、おのれのホワイトな欲望流を夏の暑さとともに流しきってしまいたい。
そんな犯罪な思考が頭に浮かんでは消えていく。
冷たい水中から湧き出る小さなあぶくが水面に浮かんでははぜる。
浮かんでははぜる。その度に高さを増していくティッシュの山。
もう俺のストライクゾーンは広いのか狭いのか、ブス専なのか面食いなのか
皆目検討がつかない。やはり、今後の大局を見越して透かし見れば、
穴があればなんでもいいと言う考えに帰結するのでありましょうか? 
答えはイエス。なので最近は穴さえあれば男であっても辞さない構えで、
サマーなベケイションをエンジョイしております。みなさんいかがお過ごしでしょうか?
と、こういった流麗な出だしから今日の記事が始まったとしたら。世の男女は
「うあ……キモ……」
などと、当然すぎる感想をいだき、コメント欄にボロクソな罵詈雑言を並べ立てる。
俺がこの出だしを考えるのに40分かかっているという、涙ぐましい事実を無視して、だ。
そして自分は、ミクシィだかセックスだか知んないが、
そこの日記で脳髄をまったく刺激することなく書ける文章を提供し、
「やっぱミクシイは気楽に書けるでいいわあ。」
などとのたまい、お茶をにごす。インターネットにかける時間は30分。
残りの時間はお勉強、もしくはサークル活動。
そのような軽い人たちに比べれば、こんなにインターネットに全力を注いでいる俺は、
いわゆる勝ち組である感はいなめない。
インターネットしすぎで徹夜、これは常人離れした集中力の表れでありましょう。
そして夜中から明け方にかけてPC前での3回以上のセルフなセックス。
これは旺盛な繁殖力の確たる証拠、男として優れている証。
いやあ、こりゃどう贔屓目に見ても俺の勝ちですよ。
亀田と大きな組織たち相手でも判定で勝てる。
金とかそういうのを覆す、それが俺のインターネッツ感!
さあ、ある意味学生の間では禁忌になりつつある、ミクシィ批判をやんわりと呈した段階、
ここで一気に高まる読者の不満。
「何あの人。マジうざいんですけど。」
「ミクシイ、すごい役に立つのよ。すごい。」
「現実世界を見れない可哀相な人……さよなら。」
「俺の大事なミクシイを汚すやつはゆるさん!!!!」
はいはい、ワロスワロス。
と、ここで俺はあえて読者をつっぱねる。
うるせえよ読者様がよー、グダグダ言うくらいなら
てめえもちったあハッとするような文章書いてみてくださいよ。
ミクシィの利点について綴った大論文を俺にメールしてくださいよ。
もちろん、精神論じゃなくロジカルに、だぜ?
楽しいからオッケーとかそういう禿げたこと抜かしたらぶっぱなす!
(おもむろにジッパーをさげながら)
最低最悪。
下ネタ、他人批判、暴言。
ここまで言えば、俺のネット上および現実世界での信頼は
地に落ちたと言えるであろう。
そこで俺は回線越しに感じる、読者の憎しみを認識しながら、
突然ハッと目を見開き、叫ぶ。
Y平「い ま だ !! 」
-----------------------------------------------------------------—
今日は、暇だったので「オムライス」を作ってみた☆
タマゴ三個使って、バターたっぷりフワフワのオムっす!
おまけにソースだってこだわったょ! ケチャップなんかじゃなく、
マッシュルームとか使って本格的なデミグラスソースを自作♪
もうマジサイコーなおいしさでした!
ボロネーゼや、カルボナーラを作ったときも思ったけど、
やっぱり料理は愛だね!
愛さえあればラブ・イズ・オーケーっす!!
↓↓↓超うまいオム!!(だれか食べてくれる人募集~~☆☆(笑))

オム☆

----------------------------------------------------------------------
全 米 が 濡 れ た
最悪な記事から一転、さらりと見せる一抹の家庭的側面。
「あれ? Y平ったら、あんなウザくて変態な奴なのに……
意外と家庭的。しかもボロネーゼ? イタリアンかしら……
そんなかっこいいものも作れちゃうのね。
はっ! もしかして彼ったら、とがった一面の奥に、
家庭的でオシャレな雰囲気が隠れてるんじゃないかしら。
そう思うと……あれ? なんだろうこの気持ち? え? なんでだろう体が火照って……
ああもうダメ! 好き!! 大好き!! 結婚してえ!! ヒギィ(濡)」
往々にして人はギャップに弱い。
いつも厳しく、仕事もきっちりこなす彼が私だけに見せる弱い一面。
普段はダメでオタクな彼が、時折見せる優れた知識。
そういうのに、女の子はコロっと逝っちまうって雑誌で見ました。
んだもんで、この記事はかなりいい線いったと思います。
変態で口が悪い、でも家庭的。このギャップは相当ですて。
ディスプレイ越しに体を火照らせている女子たちの、乙女な目が浮かぶようです。
ちなみに俺のタイプは、ウエスト120以上で50歳。
かつ小学生料金でバスに乗れるほどの童顔、そんな榮倉奈々。
それ以外は受け付けません。
完璧なギャッパーである俺なら、こんぐらいの贅沢できるよね☆
ウエスト120で五十路、そして小学生顔の榮倉奈々ちゃん、
これ見てたら是非メールしてね!
一緒にラグーナ蒲郡行こう♪ きっとだよww
↓そこの榮倉奈々ちゃん1000票ほど投票よろしく(投票)


-----------------------------------------------------------------–
九月五日に名古屋駅近郊でオフ会です。
詳細はこちら → 詳細
---------------------------------------------------------------------------
ちなみに僕は、ミクシィにも亀田さんにもネガティブな考えは一切持っておりません。
無心です。あしからず。

甲子園の洗礼=路上の洗礼 By Y平

「人殺してもいいんですかね? 法的には。」
市外のとある自動車学校(名古屋弁で車校)に通うY平は、
初めて路上に出て、そう思ったという。
-----------------------------------------------------------------–
仮免許取得前、いわゆる教習所内での運転においてY平の右に出るものはいなかった。
柔らかかつ繊細、機敏な足裁き。クランク坂道なんのその。
特にその確実な半クラッチの技術においては、プロの教官たちからでさえ、
思わず感嘆の声が漏れる。
いつしか教習所内で、彼はその鮮やかなクラッチワークから
こう呼ばれるようになる
「半クラのY平」
その姿を実際に見たものはほとんどいなかったせいか、
都市伝説化される傾向も一部にはあった。
無理もない、彼のテクは既に教習所内のそれではなかったし、
彼は仮免前に大学だのウダウダ言い訳して、二ヶ月運転をしないという豪胆なことをやっていた。
ほんとに車に乗っていなかったのだ。
しかし確かに、その呼び名に恥じぬほどの技術が彼にはあった。
彼の運転は柔らかの一言につきる。仮免前の段階でのこのレベル。
その筋の世界に生きる者たちの心を揺さぶるには十分だった。
佐藤琢磨だか加藤鷹だか知らないが、そういうレーサー的な人たちは、
こぞってY平の通う車校(標準語で自動車学校)に現れた。
そして、Y平に
「クラッチ切るのが、千分の一秒早いぜ。」
などと、傍から見れば高度すぎるアドバイスを送る。
また、皇室では
「是非とも紀子様のご子息誕生の折には、その専属ドライバーを務めてくださいまし!」
などと、車酔い知らずの皇室専属ドライバーにとの声が高まりつつあった。
そんな地元じゃ負け知らずの天才、Y平は路上に出て爆笑するのだった。
ちょwwwwどう見てもブレーキ間に合わないんすけどwwwwwww
教官の怒号。追突寸前の教習車。
すげえ、路上全然世界違う。死ねる^^
まあでも聞いてよ。俺の言うこと聞けばみんなも納得するって。
まずねー、他の車がいるってのがありえない。
つーか歩行者がいるのがありえないってぇ。
お前そんな狭い道歩いてたらダメだよ~轢くって普通にさ~。狭いよ~ww
あと、制限速度っつーの? あれ全然制限じゃねえよ。
制限速度50キロとか、必要ないってえ。そんなに出せないっすよww
でもさ、そこはさすがにドラック王国ジャパンよ。
他のみんなよー、普通に50キロ? いやむしろあいつら60キロくらいで平然と走るもん。
やべーって、60キロとか考えてみろ? 運動エネルギーに換算してみろ?
運動エネルギー= (質量×速度の二乗)÷2
明らかにダメな数字出ちゃうだら? 人とかバラバラになっちめー数字っすよ先輩。
それを平気で出せるって、ジャンキー。奴らみんなドラッグ漬け。恐ろしい社会やで実際?
横でウダウダ言ってくる教官(趣味は一時間にLSD五個食い)もさ、
「スピードおせえ! 四速入れろ! ノロい! グヒヒグヒヒ!」
なんて、ヤクい目してシャブいこと言ってくれるもんだからさ、ほんとこえーよ。
シャブ中の世界と違って、俺ン中の法定速度は20キロだっつーの。
とっとと治療プログラム受けてこいよヤク助が。
あと自転車な。
あいつら総じてライト点けねえんだもんな。
いや、なめんなって。お前らがライト点けなかったら俺だって轢かざる負えないじゃん?
見えない相手なんて避けてらんないかんね。お兄さんは忙しいんだ。ギア操作とかで。
つーかまあ、ライト点けててもぶっちゃけ避けれん。
だってお前らムダにフラフラしてんじゃん? 実際お前らあたり屋だってことしっとるからね。
なめんなあたり屋。もうブラック載ってるから。保険降りんから。俺、言っといたから。
だもんで自転車は無条件で轢く。
前輪とかグニャグニャに折りながら轢く。これ自然の摂理。
かなわんわ、やっぱ摂理には敵いまへんわ。道交法とか無視やわ^^
-----------------------------------------------------------------–
初めての路上教習を終えて、最後に教官にこう怒られました。
「教習所内では通じたかもしれんけど、路上では通じんからね!
エンジンブレーキをもっと使って、すぐクラッチ踏んじゃダメ!
あと加速も……グチグチグチ……」
マックス140キロの直球、キレのあるスライダーと、速度変化の激しいカーブで
地方大会を封殺してきた一年生、田中。
しかし、甲子園ではその荒い制球のためにコールド負けを喫す。
そんな田中の気分になった。
でも、路上でコールド負けしたら死んじゃうので
今後とも気をひきしめていこうと思います。
20回に1回くらい人轢くかもしれん^^ 年間18人。
↓投票とかそういう小市民的なことどうでもよくなってきた(投票)


-----------------------------------------------------------------–
九月五日に名古屋駅近郊でオフ会です。
詳細はこちら → 詳細

東海オフ By Y平

最新記事は下にある!!
9月5日(火) 名古屋駅近郊の居酒屋でオフ会をします。
時間は18時ぐらいから。会費は2000円~4000円程度。
既に僕と、伝説のきりかぶのtaks君、ムトウの電情一人歩きのムトウ君、
Piggyの小部屋のたいし、友人のGUMOL君の参加が決定しております。
参加ご希望の方は、8月20日までに
名前、年齢、性別、持っていればHPなどのタイトルとURLを
明記の上、下のアドレスに参加希望の旨
をメールしてください。
よろしくお願いします。
連絡:h043056bあっとまーくyahoo.co.jp

海で遊ぶ  By Y平

童貞たちの海

海。母なる海。そこではすべての人間は開放的になり、衣服を脱ぎすて、
自然の力と比べれば恐ろしいほど脆弱な肉体をあらわにする。
いや、肉体だけではない、開放的になるのは精神の領域にまで及ぶ。
ふふふ……何が言いたいかだって? 分からないのか遊戯ボーイ。
ガードの堅い女の子も海というフィールドでは無力、そんぐらい分かる、だろ?
そこよ、そこ。一生童貞を神様から約束された俺達が狙うはそこよ。
開放的になったメスどもを海効果でビショビショにしてやるってえ塩梅よ。
さあ、そんな確たる決意のもとやってきたのが海! 海ですよ!
やっぱさー大学生の夏っつったら断然海だべ?
海効果で開放的になったガールズたちを、パンナーしてゲット!
母なるオーシャンの中でセックス! 神聖すぎる儀式や。
全ての生命の故郷で、生命を残す行為。これには蚊ほども淫猥な意味もなく、
これを
「Y平の下ネタがはじまったよ! 死ね!」
と曲解しちゃう輩にはもう目も当てられない。神聖なものにそういう卑猥なものを
見出しちゃう精神構造に、僕は愕然としておしっこを漏らさざる負えないって話。
ってことで、まぶしいギャル達と海で開放的な性行為を行おうという名目のもと、
俺達五人はギラギラした目つきで夏の海に繰り出した(童貞!!)。
「女は海で調達するぜええ!!!」
そんなセリフが車内のあちこちで飛び交っておりましたが、
俺達童貞が実際海で、そんなアグレッシブなアクションを起こすかと言えば、
100パーセントないと断言できる。
むしろこんな会話をいたしちゃうあたりが、もてない所以なのだろうということを
暗黙のうちに理解しつつ、空回ったテンションで海に向かう五人(やらはた)
いざ、海についても、
「あの娘、ボインだべ? だべ?」
なんて、ちょっとイカした口ぶりで、すれ違う女の子女の子に
見とれたりしておりましたが、声をかけることはせず、というかできず。
口ばっかり達者な五人は、もっぱら男だけでプカプカ海中を漂うのでした。
……
「風俗いくしかない……」
帰りの車内で友人がポツリと放った一言に、
皆が同意したのは、あまりにも悲しい夏のシンクロであった。
風俗以外で貞操を捨てたい五人は、開放的な女の子を募集しています。
もうどんな娘でもいいよ!! 先っぽだけでもいいから!!! ひぎい!!
↓海は開放的とか嘘かもしれん(投票)


------------------------------------------------------------------
ありきたりすぎて言いたかないけど、更新しなさすぎて勘が戻りませぬ。
徐々にがんばっていこうと思っていやす。

テロる前にタイマン張れ!! By DAI

なんかアレだね。いきなりアクセス数のびのびびろんだと思ったら
なんか伝きりのtaks君がアレしてたね。
んだよちくしょー!オフ会聞いてねぇよ俺!
まぁ俺福岡だしね。むしろアレだし。
久々更新こんばんは。DAIです。
てかまたアレだね。テロだね。
ニュースでやっててたまたま見たけど。
別に興味ないけど。
機内で爆発させるためにペットボトルに入れて持ち込もうとしたらしいね。
おかげで一般客も液体持ち込めなくなったらしくて大変らしいじゃん。
液体だけじゃなくて機内持ち込みの荷物も透明のビニールに入れて持ち込むことしか
できないらしいじゃん。
別に興味はないけど困ったもんだよね。
テロって怖いっていうかウザいね。
おかげでいろんな人が迷惑するし。
えーとどこだっけ?あーそうそうイギリスらしいね。
イギリスのロンドンにあるヒースロー空港ってとこらしい。
大変だねぇ。
夏休みだしちょうど観光客とかでごったがえしてる時だろうしね。
この時期にイギリスから飛行機で出かける人とかイギリスに行く人とか
マジ怖いし面倒だし大変だね。
別に興味はないけどね。
そういえば俺の友達でヤンキーのやつが言ってたなぁ。
今月の15日からイギリスに留学するって。5ヶ月ほど。
大変だろうな。
ヤンキーのクセに留学なんてするとか慣れないことすっからテロ計画
とかされんだよ。マジあいつツイてないよ。
そういえば降り立つ空港もロンドン、ヒースロー空港って言ってたなぁ。
あーかわいそう。
あいつヤンキーだから大丈夫的なこと言ってたけどどう考えても無理だよなぁ。
てかあいつ英語しゃべれんしなぁ。
「何かあったらタイマン張ってやる!」
とか言ってたけどそんないちいち1対1で戦ってくるやつなんていねぇよな。
てかヤンキーって大体すぐ
「タイマン張れやー!」
とか言うけどそんな条件飲んでくれるのたぶん日本だけだぜ。
なんで3人でいるのに残り2人待ってなきゃいけねぇんだよ。
そんなお人よしヤンキーなんかじゃねぇだろ。
日本のヤンキーバカだよ。
そんなことはまぁいい。
興味がないから。
でもあいつ大丈夫かなぁ。
何せ英語しゃべれないからなぁ。
DAIは。
興味は無いけど全力で関係してた。
どうしよう。俺15日から5ヶ月イギリス留学なんだよ!
しかもよりによってヒースロー空港だよ!!ふざけんなよ!!
テロこえぇよ!!なんでよりによって今なんだよ!!
タイマン張れよ!!!
てか向こう行ったら更新できるかわからん。
できたらとりあえずジョンとかそっち系の名前のやつに更新させてみる。
伝きりから来た人はとりあえず投票。そうでない人はいかんせん投票。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

祭りの情緒 By Y平

今日は安城の七夕祭りなるものに行ってきやした。
旧暦でたなばたなんだってさ

祭。祭ってやつぁとんだ厄介モンだぜ? 人間のあらゆる欲が集約された場、それがMATURI。
どう見ても取れそうもない巨大なヨーヨー釣り¥300、
この暑さの中、帰宅したときには茹であがってしまってるであろう金魚釣り¥400。
わっぱ共にけちょけちょにこねくり回され仮死状態のカブト虫¥400。
標的が明らかに輪よりでかい輪投げ¥300。
飛騨牛という名のオージービーフ、串一本¥800。
800ウォンじゃなくて円。おいこら、馬鹿にしてんのかハゲ太郎。
原価のウン十倍なんてなんのその。その日限りはゼロファクターもびっくりの価格設定も消費者はスルー。
出店の親父も
「あいつらみんなバカだしwwwワロスwwwwww」
なんて黒い笑みを浮かべております。大人って怖いよな^^
さて、金に溺れる強欲もさることながら、祭と言えばやはりセックスですわいなぁ。
セックスなくして祭は語れませんて。
「またあの童貞がバカ言い出したよ死ね」
ノンノン、これは古来からの慣習に由来するまっとうなロジックですばい。
そもそも江戸時代の祭なんかだと、祭の喧騒の隅で、本来結ばれるはずのない者同士
―名前も知らない行きずり、身分差のあるもの、不倫、浮気等々―が
ファックファック、ファッキング!ちょいと草むらに入ってみりゃあ、
他人のリアルタイム喘ぎ声なんかがあちこちで聴こえてくるからさあ堪らない。
そして更に、罪深き当人たちの言うことにゃあ
「めでたい祭の日なら、神様も許してくれるだろう。」
だって☆☆
カ~~~!笑える!今も昔もダメな奴の言い分ってのは変わんないものなのかしらん。
その当時、神様だった僕は手をさっと振りかざすと、
「クラミジアあれ。」
とおっしゃいました。するとたちまちにして明美、権兵衛、から助、千代子、
その他もろもろの阿保共はクラミジアにかかり、毎日泌尿器科に通う
惨めな一生を送ることになったのです。やっぱ野外は雑菌とかついちゃうさね。
さて、現代の祭も大筋は江戸時代の流れを踏襲しておりまして、
やはりなんだかんだ言って最終的に行き着くところはセックス。
この一点と見てまあ相違あるまい。
「えへへへへ……浴衣で来ちゃった。」
強欲で本能のまま動く愚鈍な男が知っていることですから、
女性も江戸時代の慣習ぐらい知っていると見るのが
日本の教育水準から推測される摂理でありましょう。
ということは、この発言を女性が男性に向かってするということは、
既に
「娘の名前は明美よ(はぁと 」
ぐらいの勢いでセックスを所望しているのは火を見るより明らかで、
ここまで言っておいて
「ダメ……そんなつもりじゃないの。」
なんて言う女性は、古くからの慣習に逆らうも同義。世が世なら斬り殺されても
文句は言えない、そんな大罪でありますて。
んだからもう今日の祭りでもカップルが、虫の死骸に群がるどす黒い蟻のような数
ウジャウジャウジャウジャしてましたが、特に浴衣女を連れて歩いている男。
……いやむしろもう歩くチンコと言っても
差し支えないであろうチンコ共は、口では
「飾りキレーだねえww」
「たこ焼きうまいねえww」
などと綺麗ごとをツラツラと並べたてておりますが、
頭の中は今日ご休憩するためのホテル選びでいっぱい。
フリータイムで行っても休憩で行ってもこの時間帯だと料金的には……
みたいなこと考えてるのが丸分かり。
てめえのMATURIはセックスへのフラグでしかねえんだよ!!
と、浴衣カップルを見ては心の中で毒づいておりました。
とまあ、上記のような馬鹿なことはついぞ思っておらず、
僕も和やかにMATURIの雰囲気を楽しんでいたのですが、
帰り際に実際に浴衣カップルがホテルに入っていくのを目撃してしまい
やはり
「クラミジアあれ。」
と叫んだのでした。浴衣うらやましす。
↓ランキング投票。クリックしたら投票されます。


------------------------------------------------------------------
明日は海に行ってきます。俺も大学生っぽくなったもんだ。

テストってやつぁこれだから By Y平

だいたいあいつはコメントも返さないし、下ネタばっか言うし
挙句の果てには更新は全然しない。
最初は2日に1回更新するとか吹いてたくせに、
もう更新しなくなって4日目じゃない!!むかつく!!
こんなに愛しているのに、失礼よ!!荒らしてやるわ!!
そんな極めて学生ブログっぽいことを、考えている人たちがいそうな無更新4日目。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
いやあ、いつもならテスト期間中はむしろ更新頻度上がるんですが、
今回ばかりは勘弁でした。
今回のテストたちはそうですね……例えて言うなら、
あなたの苦手な科目があるとします。その科目は10時間ぐらい勉強したら
可か良ぐらい取れるんじゃない? みたいな科目だとします。
そういうノリの科目が合計8科目ぐらいありまして
(ほんとは12科目だったんだけど知るかバカ)
文字通り死んでました。
こういうこと言ってるとアレですけど、その8科目で面白い科目なんてマジで一科目もなく、
文転したいあるいは学校辞めたいと思い始めたのがテスト一週間前、
それも叶わぬならば死んでやる!ぐらい追い詰められ始めたのが3日前。
世間一般のあらゆるものに対して
「死ねばいいのに……」
とブツブツと暗い部屋で唱え、
「つーかテポドン名古屋に落とせよ!日本海と言わず
もっとアグレッシブにいこうよ!正日!!」
などと将軍的なことを叫び始めたのが前日。
そんな風に荒れに荒れていた僕は、ブログどころではなく、
リアル世界においてさえ、友達の何気ない一言にマジで腹立ってたりしてました。
怖い怖い、テストってやつぁこれだから……
そんぐらい精神に異常をきたしていた状態だったので、とにかく期間中の僕は無様。
醜悪なオタク的空気を纏うインターネットジャンキー。
まず着ていく服はもっぱら下はジャージ、上はPIKOシャツ。
特にPIKOシャツなんて、肩のあたりに無数にちっこい穴があいておりまして
500円ぐらいでも誰も買わなそうなやつ。
ネットオークションで1円で出品、10円ぐらいで売れる、そんなダメシャツ。
しかしそこは期間中。
そんなシャツを着つつ、ヒゲをもりもり生やし、睡眠不足で3キロ痩せた
芸に徹しきれないアンガールズみたいな体だったにも関わらず
「そんな俺、無頼。」
みたいなしたり顔で名古屋を闊歩してたのだからまったく恐ろしい。
現にあのときの僕は、ダサい服で学校行くのに一種のエクスタシーを
感じていまして、むしろテスト期間中に着飾っているヤツとかに対して
「ぶふっ!逆にダセえし!」
とか毒づいてました。一人で。
まあ明らかにダセえのは僕のほうでありましたが、
そう思うのもムベなるかな。
現に僕の学科には、女の子なんて全体の一割もおらず
しかも男女仲は全くよろしくないときたもんだ。
会っても素通り、二年前の仮装行列のときに一緒にカラオケに行った女の子でさえ素通り。
え? あんとき仲良かったじゃん、錯覚?
などとリストカットしたい衝動に駆られに駆られてどうしようもない場所。それが俺の学科。
着飾る意味がまったくないのです。水たまりでは魚は連れんのだよのび太君。
そんな場所的状況とクソつまらん科目のテストがコンボになれば、
僕がパジャマで学校行ったとしてもなんの不思議もない。
だから僕は、ギャグではなくテストのほぼ全日程を上記のような格好で登校しました。
よく名大生はとなりの南○山大学とかいう、童貞率0パーセントの
ヤリチン大学に
「マジあの大学だせえwwww だせえっつーかくせえwwww」
などと揶揄されるのですが、大方の原因は僕にあります。ごめんね名大生たち。
馬鹿にされたら、だせえやつみんなY平ってやつだからって言っといてね☆☆
しかしそんな僕でも10日にナースのタマゴ達(3人)と飲み会っすww
まじうれしっすよww 南山○も垂涎の飲みっすよwww
ばーか、南山うんこ○www PIKOでもナースと飲めるんだよwww
夏休みサイコーーーーーーー!!!!
マンコ・カバック2世!!!
↓ランキング投票。クリックしたら投票されます。


------------------------------------------------------------------
コメント返しはバイト後にしやす。
夏休み中は2日に1回どころか毎日更新してこうとまた無謀なこと思ってるんで、
よろしくねww
マンコ・カパック2世……インカ帝国最後の皇帝のこと。シモネタジャナイ

テストテストテストテスト By Y平

テスト終了まであと三日。このラスト3日というあたりがほんとにイライラしますね。
そうそう、最近気持ちが不安定なせいか、エロ分野の趣向が変わってきて
もっぱらデブ系の動画を好むようになりました。
ロリ サド ブサイク そしてデブ好き
イチローでさえ三拍子で打ち止めなのに、四拍子目が開眼してしもたようです。
(なんでデブ女優達はあんなにエロいんだ!!新発見やで!!ひぎい!!)
テスト期間を経るたびに精神がすり減り、ダメな皮が一皮剥けます。
あと二回ぐらいテスト期間を経験すると、性別の壁とかも超えるんじゃないっすかね?
腹立つ。
------------------------------------------------------------------
コメント欄が日に日にエロくなってきておじさん嬉しいです。
特に、
「漫喫で服脱いじゃいました」
発言は、かなり爆笑でした。(性的な意味で)
相変わらずコメントを返さない天狗っぷりを見せていますが、
4日までお待ちを。ちゃんと読んでその度にニヤニヤさせてもらってます。
あと大女優たちからコメントもらえて嬉しかった。(包みさやかは強引)
------------------------------------------------------------------
ちなみに僕の彼女はロリでもサドでもブサイクでも、デブでもありません。
だからといって別に好きじゃないってわけでもなく、
彼女は彼女、AVはAVです。別次元の話どす。
なので「自分でブサイク好きだなんて言って……彼女かわいそう!」
っていうマジレスはご勘弁ください。
そんじゃあ、テスト勉強でもします。うぜー、テストうぜー。
加藤ローサの演技の下手さぐらいうぜー。
以上、全力でDAIがお送りしました。