2014年を振り返る

年の瀬です。思い出せる範囲でこの1年を振り返ってみる。間違いなく人生で一番ハードモードの一年であったがとても飛躍できた。
【1月】
新しい部署に転属になる。
【2月】
前部署がAndroid開発部隊だったためAndroidアプリ開発チームに抜擢された。ひたすらAndroidのプログラミングを行う。が、僕と一緒に転属した人大半がAndroid開発を行っていたはずにも関わらずAndroidプログラミング経験者は2人だけという鬼仕様。みんな外注まかせでプログラミングから離れていた人ばかりだった。これが開発部隊とは思えない、という感じだった。
【3月】【4月】
更に新しい人が入ってきた。が、その方達もプログラミングをやっていたわけではなく。外注管理者と言う名の下、プログラミングやったことない or 10年前にやったレベル。そんな中Androidアプリ開発リーダーに任命される。Activityって何? から説明しなければならず毎日イライラしていた。プログラミングができない人にイライラするというよりは、開発とか銘打ちながらここまで開発者がいない我が社の体制にイライラしていた。
【5月】【6月】【7月】
偉い人は、データを受け取って表示するぐらい簡単でしょ? みたいなノリで接してくるのが腹立つ。
この頃が一番情緒不安定だった。定時内に色んな人にAndroidの基礎的なことを教えつつ、残業時間に自分の機能のプログラミングをするという完全に駄目な仕事の仕方をしていた。しかし締め切りは待ってくれず、そうしないと追いつかないデスマーチ。おまけに週一で関東に出張があった。お稽古感覚で千歳から羽田へ飛びまくり、JALの落語チャンネルの「抜け雀」とニッチェの漫才を暗記した。
金魚を飼い始めたのもこの頃。楽しい金魚生活も束の間。お客様先で修羅場仕事をこなしている最中、家で飼ってる金魚が死んで営業さんの前で号泣するという失態をやらかす。いや、失態じゃない。金魚は飼い主の身代わりになるという。修羅場を迎えていた僕を守るために死んでくれたのだと思う。そう思わないとやってられない。
更にそれと並行して新婚旅行、結婚式があった。どちらもものすごく楽しかったのだがいかんせんキャパオーバー。妻には迷惑をかけた事と思う。家庭を顧みない夫に対して、妻は我慢強く接してくれたと思う。本当に感謝している。
この頃の僕は仕事が第一で、仕事を完全にこなせなければ何もしてはいけないという社畜脳だった。そのバカ思想のおかげで後々に苦労する事になる。
【8月】
ほとんど記憶に無い。お義兄さんの結婚式があったような気がする。仕事面ではHTML5の調査などをさせられたのを筆頭に、HTML5を使ったWebアプリケーションとLinuxのプログラミングを組み合わせたアーキを作る。試験環境を作り、コーディングをし、管理めいたことをし。試験フェーズでは試験プログラムが動かねーだの、環境が整ってないだの色々言われた。うるさいし知らないしアンタ達先輩だし納期はやたら厳しいし総じて自分達でなんとかして欲しかった。こんな体制で働かなければならない自分を呪ってばかりいた。
【9月】
月70時間以上の残業が5ヶ月ほど続いたところで病気が発覚。あれだよ月80時間の残業で自殺しちゃう人もいるくらいだからね。ご丁寧にも月3回ぐらいの出張も相変わらず続いてたし割と限界だったと思う。
極力定時で帰るようにし、会社でのタバコもやめ、もろもろ先輩にまかせるようにした。
【10月】
病気療養のため実家に1週間帰る。何もやらず母親のオートメーション食事、洗濯、掃除を堪能する。当たり前のことを何でもやってくれる事に感謝。妻もいつもこのぐらいやってくれてたんだと色々じーんと来た。帰宅後妻の家事を積極的に手伝うようになる。
生き方も変えた。我慢する事が美徳というアホ日本人の観点を捨て、好きな事だけやるようにした。意外と好きな事だけやってても生きて行ける。ある程度我慢しなきゃ仕事まわんないと思ってたけどそんなことない。好きな事しかやらないという判断軸が一本通ってるといろいろな行動が活発になる。そんなことないというアホ日本人は「ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。」を読むとよい。人生観が変わる。
【11月】
ゲームプログラミングや金魚飼育、小説執筆、マンガやイラスト、ブログの毎日更新を始める。Unityでインベーダーゲーム作ってやったーとなったところでパソコンがクラッシュ、ゲームが消えた事以外は至極順調だった。毎日が楽しくて皿洗いすら苦にならず、元気に色々やれるようになった。ああ、もともと僕ってこういう人間だったよなと認識する。
【12月】
仕事でデモアプリの作成を依頼され、企画やら仕様やら書いて超楽しかった。集合値プログラミングの勉強をし、ビッグデータ分析の手法などを学んだ事で企画にとても役に立った。やらされる感じではなくほとんど全ての仕事を自分がやりたいと思った事だけにしぼった結果、とてもパフォーマンスが出て会社的にも僕的にも価値があると気づいた。我慢は美徳とか思ってる人を心底哀れに思います今では。
とまあ、病気になったことで自分の生き方を見つめ直す事ができた。病気のような本人にとってはマイナスなことが、こうしてプラスに働くようになろうとは思いもしなかった。来年も自分の気が赴くままに好きな事だけやって過ごして行こうと思う。それではまた来年。

お金をくださいとブログで発信し続ける男

 「お金をください!」
 僕が日々ブログで発信し続けている言葉である。しかるに今のところ誰もお金をくれない。こんなに読者がいるブログなのに許せない。読者数だって僕と妻といつも記事と関係ないコメントをくれる3人もいるのに。どういうことかね! やる気があるのかね! お金くださいよ! お金!(誰もいない壁に向かって呪詛をつぶやきながら壁ドン)
 お金をください言うてますけど「そんなこと言ってないじゃない?」とあなた方は言います。バカたれ。全部言わないと分からないようじゃこの察する文化、日本を生きていかれないよ。心配だよ僕は。
 全部言わないと分からないローコンテキストな人向けに説明すると、アフィリエイトをやってるわけである。ここ3ヶ月ぐらい。このブログ上で。
 アフィリエイト? ていうローコンテキスト野郎にさらに説明する。商品リンクを貼付け読者様がクリック、そのリンク先で商品を購入すると僕に数パーセントのマージンが入ってくる。
 その素敵システムをここ三ヶ月、ブログの随所に仕込ませていただいた。急に不自然な金魚グッズのリンクやらがあったのはそのためである。ブログの読者(僕と妻)がそこから商品を買う事で不労所得をゲットですゾ、ギャポポーってなもんである。
 こんなに読者(僕)がいるんだからどのぐらいの収入になるのだろうか。月収50万ぐらい? あまりに儲かりすぎたら確定申告どうしましょ。困っちゃうなー。
20141230151545.png
 クリック数17、売り上げ0。
 震えた。怒りで震えた。確定申告いらないじゃん。どういうこと。こんなに巧妙に金魚グッズリンクを差し込んだにも関わらず誰も買う人いないの? まじで。許せない。君たちのせいでいつも昼飯はおにぎり1個(108円)だと言うのに。可哀想だと思わないの? ちょっとは投げ銭して、せめておにぎりを2個にしてやろう。そういう親切心はないのかね。ほら、募金するのと同じ。恵まれない僕に愛の手を。2、3万。御心を。ください。くれない? くれないですか。そうですか。
 とはいえ、ここで儲からなかったことで僕のブログの純潔は保たれたと言える。というのも大体の如く、アフィリエイトブログと言うのは、ゴミの典型である。どうでもいい商品でもって心にも無い紹介をし、「これ! オススメです!」とかなんとか。金の臭気にまみれたリンクを乱立させ、読者の誤クリックを誘発。もはやアダルトサイトのごとく。そこに正当派社会派ブログの処女性はなくなるのである。汚れちまうわけです。汚れっちまったブログ。このあたりで田舎に住み出したり、チャーハン画像あげるだけでブログを書いた気になったりするわけです。許せない。僕が目指したブログはそんなんじゃない。
 言い換えれば。ここで売り上げをあげれなかったこと。これが当ブログの社会派性を保った訳である。ソープ行ったけど本番はしなかったテイストな。それが正解かどうかは分からない。分からないが何かの一線は保てたのである。だからこれからも当ブログのアフィリエイトを見てもクリックしないように。お願いします。
 こう言いつつも「あるいは?」「google検索で流入した読者が?」などとありもしないアフィリエイト収入を期待している汚い汚い僕が存在し、もはやアフィリエイトは麻薬の如く僕の文章を浸食。僕と僕の文章はすっかり汚れちまった。
 まあ社会派ブログとかそんなこと自分で言っちゃったけど、そもそも僕のブログは一体なんなんでしょうね? もういっそのこと金魚のアフィリエイトリンクばかり貼る汚れブログになってやろうかしら。毒を食らわば皿まで。0か1か。処女か売女か。場末日記ブログか場末アフィリエイトサイトか。どちらかというと前者を選びたいとは思うけど「あるいは?」「google検索で流入した読者が?」などとありもしないアフィリエイト収入を期待し、このループ地獄、助けて。助けて。助けると思ってアフィリエイトリンククリックを。うわー! この売女が!

実家帰省時のふるまい

 妻とともに実家に帰省しております。
IMG_20141227_222834.jpg
 帰省中のため更新が滞るかもしれません。すみません。
 誰に向けての「すみません」なのか僕は自答する。僕は誰もいない壁に向かって話しかけているというのに。年末にいちいち僕のブログに来る人なんていません。知っているんです。でもコメントくれないかなーってチラチラお前達の方を見ているぞ。ずっと見ているぞ。
 それはともかく。妻と帰る実家はやはり独身時代の実家とは違う。こう、嫁とか姑とか。どこまで嫁は家事をお手伝いすればいいの? とか。気を使うシーンで満ち満ちている。
 全自動で洗濯から食事まで世話してくれる実家にいると、なんやらこんなにやってもらって申し訳ない的な。そんな気持ちでいっぱいになるわけです。僕でさえそう思うのだから嫁のほうは余計にそう思うわけ。
 「手伝った方がいいかな?」
 しかし過度に手伝ったりするのは姑のプライドやら家事の領分があるので難しい。そうじゃなくても僕の母は皿洗い手伝おうとする嫁に向かって「皿割られても困るからいいわ」と言い放った剛の者である。余計センシティブな扱いをしなきゃいけない。
 そんな空気感の中。僕はハラハラである。正直言うとめんどくさい。もっとこう、腹が減ったときには「ハラヘッタ」。飯を食えば皿も洗わずに鼻くそをほじり、「今日のご飯いまいちだったよねー」ライクな。実家にいる息子の典型を貫きたい思いもあるにはあるのだけれど、それをするには僕は大人になりすぎた。
 去年帰った時はその辺を考えず、僕があまりに実家にいる奔放息子を演じ通してしまったものだから、妻の心に多大なる傷を残した。妻が「もうやだ」と僕に呪詛を吐く一方で、実家モードの僕が「なんでさ!? 僕はこんなに楽しいのに!? 気分壊れた!」とゴミの様な言葉を妻に投げかけていた。おかげですっかり妻は僕の実家に行きたくない病にかかっていた。
 結婚が当人達でクローズする話だったらいかに楽か。年始の挨拶。年賀状。親戚。振興を深める飲み会。おとそ。全てぶち壊したい。実家中の皿を割り、大掃除中のワックスを階段にぶちまける。そして姑兼僕の母の顔に、北海道から送ったタラバガニを押し付けたい。タラバの刺で顔中血だらけのうちの母兼姑。
 結婚してからというもののなんつーの、行事? めんどくさいんだよ! 僕は友人と徹夜でマリオカートやりたい。徹夜でボンバーマンやりたい。
 しかし実家でしょんぼりしている嫁を見るとやはり助けたい。少しは成長した僕。なので嫁をあまり一人にしないようにしよう。一人にしないということは? 風呂も一緒に入るのである。実家で。いや実家だからこそ。
 んで嫁と一緒に実家の広い風呂で一緒に風呂入ってたんですわ。それは新婚だからイチャイチャしてるっていうよりは、嫁を一人にさせたくないっつー親切心。いやまじで。両親寝てたし。どうせなら楽しく風呂入って嫁のストレスを緩和させてやりたい。だから風呂に入ってたのである。一緒に。
 そしたら急に風呂場に弟入ってきましてん。すげえびっくりしましてんお互い。弟も焦ったのかコンタクトケースガチャンガチャン鳴らして。俺もフリチンのまんまなぜか歯磨き粉を手にしたり離したり。湯船の中で嫁は縮こまる。すごい空気。だから俺、弟に向かっていっちゃってん。
 「よ、嫁と実家で風呂入るのって緊張すんな」
 空虚な空笑いが弟から聴こえた。助けて。もう実家帰りたくない。今すぐ札幌帰りたい。

Galaxy note 10.1で年賀状を描く

つけものいし
 タブレットという名を借りた漬け物石。僕のGalaxy note 10.1。
 わざわざ海外から輸入して買ったタブレットだった。手書きでメモ取れるぜっていう触れ込みで売り出している。ただ、手書きでノートを取りたいってシーンってあんまないわけです。
 CMだとインターネットしてるときやマップ開いてる時の画像を部分的に切り取る→タブ内のノートに貼り付ける的なカッコいい使い方されてるわけ。よく新聞などを切り抜いてノートにはっつけてるみたいなのあるじゃない? あれの電子版ができるわけ。超かっこいいわけですよ。
 ブラウザでブログを閲覧しながら優良な画像を切り抜く意識の高い系男子を下図に表す。
 範囲指定
ブログを切り抜く
 ドラッグ&ドロップ
切り取ったイメージをドラッグ&ドロップ
 メモする
めもめも
 ね、かっこいいよね。うわあ、便利って思うじゃない? 一見。
 でもそもそもね。僕自体が切り抜きをノートに貼るっていう層じゃない。というかタブレットでそういうことやりたいって人、たぶんいない。めんどいしね。かっこいいけどさ。かっこいいんだよ。だから残念なんだよ。
 そんなこんなで漬物石と化していたGalaxy note 10.1。
 でも悔しい。せめて使える場面を無理矢理探して活用したい。
 ということでプリインのアプリの「S-Note」を使って年賀状を描いてみたよ。
 下書き。S-Noteにはレイヤー機能なんてありません。なぜならリアルなお絵描きにレイヤーが存在しますかって話。Samsungのこだわりが光る。
下書き
 若干色を塗る。ちなみにS-Noteには塗りつぶしツールがありませぬ。ぽちって選択してバッて色をつけるみたいなの。それがない。なぜなら何度も言うが手書きにこだわってるんです。紙に絵を描くってときに塗りつぶしツールなんてないっしょ。そのこだわりがかっこいいんだ。S−Noteは。
ペン書き
 背景を描くとそれっぽくなるんじゃない?
背景
 目と口をもう少し可愛く。
口と目が可愛くないので修正
 背景を四角くぴしっとする。
背景をぴしっとする
 できた!!
完成
 わーい。俺の漬物石もといGalaxy note 10.1が久しぶりにまともに機能しました。大満足です。しかし描き味がめちゃめちゃいい。スタイラスペンとタブに適度な摩擦感があるから描いてるなーって感じになるのよね。PCのペンタブには無い感覚ですわ。
 ちなみにこのデザインの年賀状、嬉しくって会社の課長にも送ってしまいました。ええ、送ってしまいました。妻からは「連名で出してるのにすごい」とゴミを見る目をされましたが、満足したので良し。

クリスマスイブです 〜金魚日記8週目〜

 クリスマスイブです。ケーキも食べました。年賀状も書きました。TOKIOの方言の番組がものすごく面白くて妻とワイワイ観ました。
 しかし流金のタマキが死にました。マダラがすげえタマキを突っついてて、イジメばっかしてマダラは何て心の狭い奴だ! と憤慨してたら既にタマキ死んでたみたいな。太い系の金魚って死んでも横にならないのね。動かないと思ったら死んでたってもう武蔵坊弁慶レベル。死体が浮いてたらそらつつくわ。マダラさんそりゃそーすわ。ごめんね。
 しかしフータは腹がパンパンになって亡くなったけど、逆にタマキはガリガリにやせ細っていた。やせ細って死ぬとか新しいパターンである。金魚は深い。
 淡々と書いてるが、けっこう凹んでいるのである。クリスマスイブに凹んでいるのである。そしてタマキのお墓を作る際、注意しないと埋まってるフータを掘り起こす可能性を感じてまた憂鬱なのである。クリスマスイブである。何もこんな日に、と思うが僕がタマキだったら同じ気持ちだったろう。
 タマキさん、どうか安らかに。
在りし日のタマキ(右)
マダラ&タマキ

フータが…… 〜金魚日記7週目〜

和金水槽の水温計
 昨日フータが死んでしまった。4日前ぐらいから突然動きが悪くなり、とうとう横向きに浮きかけてきたので塩水浴に切り替えていた。
塩水浴中のフータ
 塩水浴1日目は、よぼよぼと動きだし、エサなんかも要求しだした(もちろん塩水浴中はエサやらないが)。このまま回復するといいなと思いつつ昨日家に帰ったら、くの字に折れて沈んで死んでいた。腹がパンパンに膨れ上がっていたので消化不良をおこしたくさい。
 めちゃめちゃガックリしながらも頭は働いていた。お墓どうしようかなあと。なんかこう、おじいちゃんやらおばあちゃんが亡くなったとき、悲しいのもあるけど葬式の準備をしなきゃみたいな。そんな精神構造。
 だって雪めっちゃ積もってるからね。おまけによしんば土が見えたとしても土もガチガチに凍ってるから。埋めるのだって楽じゃないよ。
 ということでアパートの共用スペースからツルハシを持ってくる。春に凍った雪を砕くときに使うやつだ。先代の「こき太郎」と「しとめ」が埋まっているところあたりを雪かき。土が見えたらツルハシでガッチンガッチン掘る。ツルハシもまさか金魚埋めるために使われる時が来るとは思ってなかっただろう。あと、この吹雪いてる中アパートの裏でツルハシをふるってる様はやばい。警察が来る。でも金魚埋めてるだけ。
 最後にフータの総括。
・和金
・同僚のナータより少しだけ太い
・ナータより少しだけ臆病
良かった点:
・いつも元気でエサ取りもナータより上手い
・近づくとすぐ寄ってくるので可愛かった
悪かった点:
・1〜3週目、ナータをいじめるため難儀した
・死ぬ4日前ぐらい、エサを食べた後何回も吐き出して食べられないときがあった。エサが大き過ぎた or 古すぎた?
・死ぬ4日前ぐらい、エサを食べた後に明らかに動きがにぶくなった。浮き気味にもなっていた。消化不良?
この死を生かして:
・エサ要因で不調が見えた場合は、便通を良くするバクテリアをあげるか絶食を行う
・温度変化は大敵。ヒーター導入をした
 ヒーター導入のお話はまた来週。にしても辛いです。金魚死ぬたびにこれじゃあ精神的に厳しいのでマジでしばらく死なないでね、ナータ、タマキ、マダラ。
 ひとりぼっちナータ
IMG_20141223_085635.jpg
 タマキ&マダラ
IMG_20141223_085646.jpg
【現在の状況】
 フータ死亡。ヒーター導入でみんな元気。
<30×20×23水槽>
・流金 1匹(タマキ)
・東錦 1匹(マダラ)
アナカリス(水草) 1本
テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-20 ~30cm水槽用外掛式フィルター
テトラ (Tetra) コントラコロライン 250ml(カルキ抜き)
バイオマックス MAX35 BIO 金魚 日本淡水魚用(バクテリア)
テトラ テトラフィン 52g
(エサ。1日に1回2かけらぐらいを砕いて)
スリム水温計S
テトラ (Tetra) 26℃セットヒーター 50W
<20×30×15水槽>
・和金 (ナータ)
アナカリス(水草) 1本
テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-20 ~30cm水槽用外掛式フィルター
・アクア・シャイニング(バクテリア)
テトラ (Tetra) コントラコロライン 250ml(カルキ抜き)
テトラ テトラフィン 52g
(エサ。1日に1回2かけらぐらいを砕いて)
スリム水温計S
テトラ (Tetra) 26℃セットヒーター 50W

ダツモウ! 後編

 ということで前回の日記でも書いたけどヒゲ脱毛に行ったよ。
 妻の助言によりエステティックサロン的なところではなく皮膚科に行った。最近は禁煙でも何でもお医者さんですわ。腕が違いますわ。知らんけど。
 こぎれいな受付で待っていると「Y平さぁん」だなんてナースに呼ばれる。いや、ナースがめちゃめちゃ可愛い。顔は普通なんだけど仕草と話し方が完璧に変人だった。かつみ・さゆりの髪留めボーンってやる人みたいな。ええ、変な人が好きなんです僕。ヒゲ剃ってないのが惜しまれる。
 まあ「今日ヒゲ剃ってねー! くっそー!」って思う人生ともおさらばなのである。結構なことだ。ノリノリで診察室に向かう。北大路欣也を浅黒くした様なドクターが鎮座しておる。チャレえなあおい。
 「脱毛、初めて?」なんてタメ語で話してくる北大路の肌はツルツル卵肌である。やはり脱毛したんだろうか。高須社長が自分に整形手術を施す的な。しかしあんな卵肌だったら僕の人生も変わる。毎朝10分のひげ剃り時間が短縮出来る。毎朝10分短縮出来たら死ぬまでにどうなんの? あと50年生きるとしたら? ひげ剃りなければ126日余分に生きれる。それってすごくね?
 まあ僕はそもそも毎朝剃らないので関係ない。もともと○○やめたら○○生きれる的な話は気にしないし。僕はタバコも辞めなければベンツも買わない。
 そんなこんなでさゆりと話しつつ施術台へ。レーザー脱毛だからあんまり痛くないらしい。すごいね最近の医学って。「Danger!」って張り紙した部屋に来た。放射線治療室みたいなところ。北大路がやってきて「じゃあ脱毛していきますね」っつって。さゆりさんは麻酔クリームを塗ってくれる。麻酔すごい。肌にぴりぴり来る。感覚あんまなくなった。こんだけ麻酔掛かってりゃ痛くないよな。医学の進歩はすごいなあとか思ってたらギャイン!
 北大路が何も言わずにレーザー当ててきやがった。グイってやってバン! って。目から火花出た。マジで。何それ痛すぎるし急すぎる。
 「こんぐらいなら大丈夫ですかー?」いや、大丈夫じゃないから。「はい大丈夫です」でもそう答えなきゃ埒があかないんでしょう? バチン! ギャアア! 「初めてだからジュールちょっと抑えてますからねー」抑えてこれかよ! バコン! ギャババ! 「はひ。ありがとございまふ」 バチン! バチン! バチン! ッッッッッッッッッッッッツ!
 すんげえ痛かった。痛過ぎて終わったら腹と膝裏に汗だまりできてたもん。何これ。さゆり曰く、初めてだと泣いちゃう人もいるらしいよ。お前最初と言ってる事違うぞ。レーザー脱毛だから〜の下りを忘れたか。医学の進歩なんてガン無視。
 んでお会計。13万。なぜこれだけ掛かるかというと、8ヶ月分前払いプランだからだ。月に一度。この地獄の責め苦を受けにこなきゃならんのである。いや無理でしょ。この痛みをあと7回ってどんだけ。この苦しみに7回も耐えれる人はそもそも毎朝ヒゲがそれる人だと思う。だから助けて。助けて。たすけ

ダツモウ! 前編

 脱、毛。
 たいてい脱⚪⚪というのは景気のいい言葉が多い。脱サラとか脱デブとか。夢がある言葉が続く。
 そこへきて、脱毛である。正確に言うとヒゲ脱毛。行ってきたよ。
 知人なら知っていると思うが僕はヒゲがびっしり生える。びっしりなくせにほとんど剃らない。結果社会人6年目にも関わらず山田孝之をかなりパンピー化したような汚いヒゲ面で会社に行く。そんで何も言われない。みんなむしろ僕がヒゲを剃ってきても気づかない。それが日常化しているからだ。
 シュウカツしていた時代。未来に希望を持っていた。そんなキラキラのシュウカツ生が、6年後のこの姿を予想していただろうか。もっと幼いとき、浮浪者のようなヒゲ面サラリーマンの自分を想像していたか。していない。もっとこう輝いていた。現実はタバコ臭い気を放ち、ヒゲ面の場末開発者である。殴りたい。
 なんでヒゲを剃らないかと言うとめんどくさいからだ。毎日毎日、10分ぐらいかけてヒゲを剃るなんて馬鹿げてる。忙しいビジネスマンにはそんな時間はないのである。だから剃らない。
 僕のひげ剃りは女性の化粧の様なものだ。女性だって化粧めんどくせーってすげえ言うでしょう? んで、たまに化粧まったくしない人も一定数いるでしょう? でも君たちそういうの許してるじゃん。そういう人もいるよねって。まあちょっとアレだけどなんて忘年会の肴にしながらさ。許してんじゃん。だから僕も一緒だよ。毎朝毎朝化粧したくないのと同じで毎朝剃るなんて馬鹿げてるわ。
 じゃあ夜剃ればいいじゃないとか言い出す輩もいますけど夜剃ったって次の日の夕方には生えている。そうすると君たち「うわあ、あの人、夕方にはもうヒゲ面ですよw」とかなんとか新年会の肴にするんでしょう! 知ってるんだからね!
 だったら山田孝之ライクに生きたい。あの人は最初からヒゲ面だからというテイストを保ちたいのである。そんでついでにメリットもあるよ。本気の場面のときにだけ剃っていけばギャップ萌えでるよ。あのメガネの真面目っ娘、メガネとったら超美人じゃんの法則でがんす。Y平君、ヒゲ剃ったら幾分かマシね。的な。ギャップ、萌え。いいじゃんそれで。「今日は会社休みます。」でもたまにメガネしてない綾瀬はるか出てきたら可愛いでしょう。流行ってんじゃんこの手法。流行にのってるだけなんだよぼかあ。
 などという論理を妻に展開したところ、「こんな状態で夫を会社に行かせる妻だと思われるのがヤダ。やめて」とゴミを見る目で言われたため、だよねー。と納得。というわけでヒゲの脱毛に行く事になったのである。
 後編へ続く。

絶好調真冬の雪かき

 札幌バカである。札幌が大好きという意味ではなく、札幌のバカ野郎的な、罵倒の意味でのバカである。
 
 雪、降り過ぎ。帰ったら我らが愛しのMOVEちゃんが雪の中に埋まっていた。ほんと札幌のバカ、野郎。
IMG_20141215_220906.jpg
 というわけで雪かき。まずはBEFOREパシャリ。見たら分かると思うけど一日で40センチぐらい積もってたと思う。ほんと意味分からない。なんかもう逆に嬉しくなって妻と記念写真撮った。義妹からMOVEを譲り受けて以来、たぶんMOVEの写真って初めて撮ったと思う。MOVEちゃんも白粉なんて塗っちゃってホントおませちゃん。馬鹿野郎。
IMG_20141215_221010.jpg
 というわけでしぶしぶ雪かき開始。ときは平日の22時。くそ。なんで平日のこんな時間に。文句をつきつき、なんかこういうスコップだかトンボだか分かんない物体でどんどん雪をどけていく。雪かきシャベルや、ママさんダンプも使い黙々と作業。ザック。おう、なんか思ったより雪、軽いよ? 降ったばかりだからか? 意外ときつくない。
IMG_20141215_221119.jpg
 キツくないと分かるとこんな有り得ないボンネットを見ても何だか楽しくなってくる。妻と一緒に「おらおらおらー」なんつってどんどん雪かきをしていく。放り投げた雪がちらちら舞って何だか綺麗だ。
IMG_20141215_222737.jpg
 何とかMOVEの御姿までは見えるようになった。ボンネットの前の雪が半端無い事になっている。ほんとカマクラとか余裕で作れる。でも道民は作らない。これから5月まで嫌と言うほど雪を見る事を知っているからだ。
 しかしやってるうちに楽しくなってきた僕。ママさんダンプに雪をたんまりと積んでそのまま雪山まで直進。ボッコーンと猛スピードで激突。「うおー」。深夜の駐車場で30手前のおっさんのはしゃぎ声が響く。妻のスコップにも力がみなぎる。どんどこ露わになっていくMOVEを見てると自然と二人とも笑顔になる。いい共同作業である。雪かきやってるのにキャッキャウフフ。これは中々どうして。楽しい。僕の頭の中では広瀬香美の曲とともに、ザッザッとスキーで雪を掻く加藤晴彦。加藤はゴーグルを外してさわやかな笑顔。アルペン。いい雰囲気じゃない? ケーキ入刀以来の共同作業? 関係ないけどアルペンって最近見ねーな。元アルペンのゲオばっかじゃんね。
IMG_20141215_224810.jpg
 とかなんとかやってるうちに終わった。隣の車と見比べて欲しいけどちょっとした段差でも作ったかの如く。とってもノンバリアフリー。これだから札幌はバカなんだ。冬だけ関東に行きたい。そして梅雨から札幌に戻ってきたい。そんな雪かきした夜。雪かきデート、おすすめです。

大寒波来たけど金魚達やばくね? 〜金魚日記6週目〜

大寒波
 札幌こんなんだよ。怖いよ。氷点下5℃だってさ。ふーん。ふーんって僕。ふーんって言えるほど北海道に飼いならされてしまった僕だけどもちょっと気になる事ある。
 金魚。だって金魚こんな寒いのに生きれるの? 昨日の日記で水温計入れたって言ったじゃない? 共働きのY平家。昼間は当然ストーブつけてないからガックガクに寒いはず。一体何℃まで下がるのか。朝方など和金達、寒さで機能停止してるからね。砂利の上で、ボトって感じで落ちてる。そう、「落ちてる」という表現が適切な感じで機能停止してるもん。
 そうなるとこんなに雪降ってるし、なんかめっちゃ寒いしで不安になってくる。定時ダッシュし急いで家に帰る。
寒波の中の水温計
 15℃だった。おい君たち。そんなんで機能停止したフリしてるのかい。15℃なんて何度も言うけど俺が水泳部だったころは泳いでた水温だって。俺が泳いでんなら君たち機能停止してる場合じゃない。
 と、「俺が泳げる水温」という最も納得のいく論理をかましたところで、たぶんただ寝てるんだろうと結論。
マダラ&タマキ

俺が泳いでた水温 〜金魚日記 6週目〜

スリム水温計
 最近めっちゃ寒くなってきた。外は氷点下6℃とかになるので、いくら防寒に特化した札幌のアパートとは言え室温一桁とかざらになってきて気がめいる。僕が気が滅入るぐらいなので水につかった金魚はもっととんでもないでしょう。「水槽ヒーター、なんか買いたくないんだよなー」などと金魚にとってははた迷惑な思想の飼い主のおかげで、朝方の金魚などほぼ寒さで死んだような状態になっている。
 「お前がヒーター入れるまで元気のないフリしてやるからな」とばかりにハンガーストライキならぬコールドストライキをかます金魚達。よし、それじゃあせめて何℃になってるかぐらい把握しようということで水温計買ってきたよ。
エサですか? 何ですか?
 水温計を目にし、寄ってくる金魚達。「何それ何それ」。悲しいかなこれはただの水温計であり、君たちが温かくなるものではないのである。でも金魚達にはそれが分からない。たぶんエサかなにかだと思ってる。
デブ水槽の水温計
 そんなこんなでタマキ&マダラ水槽、設置完了。
和金水槽の水温計
 フータ&ナータ水槽も設置完。フータが「何これ?」とばかりに突っつく。愛いやつ。
 ということで気になる水温だけども、16℃だった。うん。意外に暖かい。俺も高校で水泳部だった際、5月に泳いでたけどこんぐらいの水温だったよ。なので全然イケルわ。まあクロール50メートルやったら足つって先輩に助けられたけどな。君たちは水棲生物なんだからもっとイケルはずである。
 というわけでまだまだヒーター導入の日は遠い。
現在の状況:
<30×20×23水槽>
・流金 1匹(名無し)
・東錦 1匹(名無し)
アナカリス(水草) 1本
テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-20 ~30cm水槽用外掛式フィルター
テトラ (Tetra) コントラコロライン 250ml(カルキ抜き)
バイオマックス MAX35 BIO 金魚 日本淡水魚用(バクテリア)
テトラ テトラフィン 52g
(エサ。1日に1回2かけらぐらいを砕いて)
スリム水温計S
<20×30×15水槽>
・和金 2匹 (フータ&ナータ)
アナカリス(水草) 1本
テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-20 ~30cm水槽用外掛式フィルター
・アクア・シャイニング(バクテリア)
テトラ (Tetra) コントラコロライン 250ml(カルキ抜き)
テトラ テトラフィン 52g
(エサ。1日に1回2かけらぐらいを砕いて)
スリム水温計S

ウサギが欲し過ぎて引っ越す

ホーランドロップイヤー
 ウサギが飼いたい。ホーランドロップイヤーのウサちゃんが飼いたいのである。
 先日ウサギカフェに行ってきた。ネカフェみたいな個室で60分。指名したココちゃんというウサギと戯れてきた。初めは指名、個室、という暗鬱なワードからソープみたいだなと思っていたのだが、僕の邪気に満ちた心はココちゃんを前に一瞬で浄化された。
 ココちゃんは神掛かっていた。跳ね回ってはしゃぐココちゃん。撫でてもらおうと、寄ってきて頭を差し出すココちゃん。僕の手からエサを食べるココちゃん。食べにくいのか僕の手をペシペシと前足で叩いてエサをたたき落とすココちゃん。一挙一動が可愛いのである。
 それ以来、僕の生活の中になぜウサギがいないのかムカつく日々が多くなった。そんな自分にびっくりする。そういうペット依存の人種を心の奥底で見下してきたのは誰だったか? お前か? 僕だ。
 よくあるじゃない。川島なお美的な女優が自分の犬に対して「ママだよー」とかなんとか。犬相手にママを自称してるのを見ては、ああはなりたくないものだなと思っていた。ペットに没頭するなんて現実世界からの逃げであるぐらいに思っていた。私生活が充実しないからペットに慰みを求めてるのねプスス。ソープよろしく心の穴を埋めるためにウサギだかネコだかの個室カフェ行けばいいじゃないプッスス。個室60分800円コースですぞ、とっても不健全っぽい響きだよ個室○分ってさプススのス。など。
 しかし違う。こう、人には根源的に何かを愛でたくなる時期が来るんだと思う。それが子供だったり、ネコだったり犬だったりする。僕の場合は最初に来たのが金魚だった。気づけば金魚に向かって「ナーちゃんナーちゃーん、エサだよー」などなど猫なで声をあげる30手前が出来上がっていた。川島なお美が見たら気持ち悪がるだろうと思う。しかしそれは同族嫌悪ぞ、なお美。オメーも気持ちわりいからな、おい、なお美。なーにがママだ。それ、犬だぞ。
 しかしもう川島なお美をバカにできない。だってウサギは既に僕の心の中で一緒に生活したい人ランキングに突発でランクイン。選挙だったら急に共産党がバコーンって300議席ぐらい取ったかのような急転直下のランクイン。その意外性。僕自身も驚いてる。
 なんたって飼わないのに3回ぐらいペットショップに行ったし。「この子ならこのケージを飼って〜、ヒーターはこのサイズで〜」などと取らぬ狸の皮算用してたもん。この場合は取らぬウサギか? 木の根っこ? うるさい。とにかく飼いてえんだよ。
 「じゃあ飼えばいいじゃない」と言うそこのお前が僕にはマリーのアントワなんとかに見える。パンがなければケーキを食べれば云々よろしく簡単に「飼えばいいじゃない」とか抜かすけどこのトワネット野郎! 僕のアパート、ペット飼えねえんだよバカたれ。
 ペットショップの店員は「ウサギはグレーなとこ多いんだよね。もしかして飼えるかもよ?」などと営業トークかましてくる。んでアパートの約款を1年10ヶ月ぶりに開いたよ。そこには「大小問わず動物は禁止」と。ええ。でかでかと書いてありました。そういえば大家さん、ここに越してきたときに4回ぐらい「ペットは駄目だからね! 絶対駄目だよ!」と強調してたわ。そのときは「僕は川島なお美じゃありませんからねえ、そんなにうるさく言わなくても大丈夫ですよ」なんてバカにしてたけど、クッソがー! あんだけ強調された後に、「え? ここペット駄目なんですか?」といけしゃあしゃあと言えるぐらいの精神力が欲しい。
 とはいえルールは守らねばならない。なので引っ越す事にしたよ。ウサギ飼いたいから引っ越す言うたらアパマンの田口似の店員も失笑でしたよ。でも関係ねえ。あと2ヶ月ほどしたら新たな土地にどろんですわ。駅近、ペット可、2LDKで安いの。おまけに対面キッチンにウサギのいる生活付きですよ。ぎょえー。幸せ過ぎて死んじゃいマウス。あ、間違えた。幸せ過ぎて死んじゃウサギ。ああ、なんかポポポポーンライクなこの語感。とにかく引っ越すよ。わーい。そして川島なお美、バカにしててごめん。今なら気持ち分かるよ。気づかせてくれてありがとウサギ。ポポポポーン。

ドットインストールというプログラミング学習サイトが良すぎる件

 つぎつぎとやったことない種類のプログラミングをやらされる仕事してます。Y平です。
 大学と就職活動のインターンでCとJavaはかじったけれども。PythonやらJavascript、PHPやらC#。気軽に使えるとは言うもののあんまりやったことない言語って多い。で、「さあこの言語やってみよう」っつって本買ってやろうとするんだけれども、だいたい3章ぐらいで(‘A`)マンドクセってなるのは僕だけじゃないはず。つっても挫折しちゃう理由って明確で、要はこれやったら何できるの? っていうのが分からず、基本の文法覚えるだけじゃつまんないんだよね。
 そんな中。Unityでゲーム作ろうと思ってたときに「何かいい学習法ねーかなー」とネットサーフィンしてたら辿りついたのが下記サイト。
 ドットインストール - 3分動画でマスターする プログラミング学習サイト –
 いいポイントが5つある。
・説明が全て動画
・ゼロから実際に動くところまで解説してくれる
・1レッスンが3分
・このレッスンやったら何ができるかってのを必ず「最初に」説明してくれる
・レッスンの進捗管理をしてくれる
説明が全て動画
 本だとたまに説明が悪くてどこをどうやって操作したらいいのか分からないところがある。このアイコンを押してーとかこのオブジェクトをドラッグ&ドロップしてーとか本では説明しづらいところも動画だからすぐ分かる。
ゼロから実際に動くところまで解説してくれる
 海外の書籍を和訳した本とかに多いんだけど、そのままコーディングしても動かない場合が多々ある。その点、講師の人が空のファイルから実際にコーディングして動くところまで見せてくれるので、真似すれば絶対に動く。これ重要。マジで。
 「集合知プログラミング」の本とか誤植が多くて、どこが間違ってるのかまとめサイトになってたりするからね。初級者だと間違ってるところを探してるうちにプログラミングする気失せると思う。
このレッスンやったら何ができるかってのを必ず「最初に」説明してくれる
 バブルソートを使う場面なんて日常の開発でほとんど出会わないでしょ?(日常の開発ってなんだ?) そういうすぐにモノに結びつかないプログラミングをやってると大体飽きる。学生がプログラミングで挫折するのは足し算引き算できて何が嬉しいの? ビットシフトして何になるの? newしてHumanクラスが作れて何が嬉しいの? って感じでつまんなくなるからだと思う。
 なので目に見える形で「こういうことができます!」って明言してくれるのはありがたい。レッスン受けようという気になる。
レッスンの進捗管理をしてくれる
 地味にこれが大きい。本だけ読んでると、今自分がどのぐらいこの言語に精通したかってのは分からない。ちょっとはできるようになってきたかなあ程度。理解度が数値化されないと結構不安だったりする。
 ドットインストールのレッスンは受講完了ボタンなんてものが存在する。完了ボタンを押すと今自分が何のレッスンをどの程度終えたかをマイページで可視化してくれる。おお、俺は今Javascript20%ぐらい分かってるぞみたいな。しかも週1で「あなたは今週○○レッスンを受講し○○個完了してますよ」みたいにメールしてくれるんだよね。僕こういうの好きなんだよ。進研ゼミみたいで。
 というわけで、初級者でちょっとあの言語に挑戦してみようっていう人や、中級者でもう一度色んな言語おさらいしときたいって人にかなりオススメどす。僕は夢中でやってたらここ2週間でHTMLのゲームやら、プレイステーションのゲームやらが作れるようになった。
 ちなみに自分の学習状況を公開する事もできる。
 Y平の学習状況
 これを見れば今まで僕が何を学んできて何ができるかが分かる。ポートフォリオ的な感じでも使える様な気がするので活用していきたい。