うさぎ予約してきた

IMG_20150131_164107.jpg
 やっちゃった!!
 うさぎ予約してきちゃった!!!!!!
 ホーランドロップ。新琴似のゆめみるうさぎっていうウサギ専門店にて。2月中旬に俺んちに来る予定。可愛すぎて死ぬ。2月中旬になったら俺のブログはたぶんウサギ専門ブログになると思うけどよろしくしてほしいです。
 ちな、これから2/4ぐらいまでインターネット契約が切れるのでブログはお休みになります。その間ウサギ画像で癒されてくらさい。
IMG_20150131_164134.jpg
 

温泉と金魚と私

IMG_20150125_083444.jpg
 金魚にとって水換えは死活問題である。金魚の世界は水槽という閉鎖空間の中にある。金魚はその狭い世界の中でエサを必死に食べ、食べたエサは糞となって水槽を漂う。糞はアンモニアを放ち、アンモニアは金魚をむしばむ。生きるために食べたエサが糞となり金魚を殺しにかかる。皮肉な話。
 そこで必要となるのはマメな水換えである。アンモニアの濃度を限りなくゼロに保つために、日々綺麗な水に替えておかなければならない。最近は2日に1回ほど水換えを行うようになった。その効果かあれほどバッタバッタ起こっていた金魚の訃報がぴたっとやんだ。金魚を長く飼うために必要なのは定期的な水換えだったのだ。
 では俺はどうか。俺にとって必要なものは? 俺も金魚よろしく毎日精神をアンモニアみたいなもので汚している。仕事の重圧、煩わしい知人関係、日々の通勤、全部糞となって俺の精神水槽に漂うのである。水換えが必要だ。俺にとっての水換えは? 温泉だ。
 温泉が好きすぎる。最近の温泉率といったら半端でなく1週間で4回ぐらい行っている。銭湯神のヨッピーさんも週4で通っていると言っていた。それを聞いたとき、「いくらなんでも盛っているでしょうwww」と思ったものだが撤回する。今、俺がまさに週4で温泉に行っちゃってるから。
 いやもう温泉良すぎる。仕事が終わって夕飯を食べひと心地。そろそろ行っちゃう? みたいな軽いノリで車に乗り込み、温泉まで。ぶぶぶうん。炭酸泉で体をあっため、サウナの前にヒゲをそる。これは神聖な儀式に臨む前の禊みたいなもの。体を清めたらサウナで汗を流す。サウナに設置されたテレビでもって「○○妻」などの糞面白くないドラマを見ながら体をあっためるのである。存分にあったまったらすかさず水風呂へ。「うっはああああああ気持ちいいいいい」と俺の隣のオヤジが奇声を発している。これが温泉じゃなかったら「何あのオヤジきも」となるところだが気持ちわかる。叫びたくなる。幸せだ。水風呂から出たら再び温泉かサウナにIN。これを延々と繰り返している時の無心感、多幸感たるや。
 こうして温泉で俺の精神水槽のアンモニア濃度が薄まるのである。むしろこれをしないと金魚よろしく死ぬ。温泉に行かない俺は、水換えをしない金魚と等しい。生きるためにはまめな水換えもとい温泉が必要なのである。逆に言えば死にたくないから温泉に行くレベルである。今日も行きたい。なんでウチに温泉がないのか。許せない。許せない。許せない。

30にして立ったか? いや立ってない。

 先日30になった。「30にして立つ」とはよく言うけれども感覚的には全然立っていない。ここで下ネタ大好きなお前らが「30にして勃たなくなったんですかねえぐひひwww」とゲス顔するならばブルシットでマザーファッカーだ。そういう話じゃない。感覚の問題。感覚的にはまだ寝返りもうてない赤ん坊が手足をヨジヨジしてる状態。「だー」とか「あー」とか言ってるような。まだ何も成してないよ僕は。だー。
 しかし客観視してみる。客観的に見た俺はひとまずの企業に就職し、安定した収入を得、実家を離れ、既婚、妻とも仲良し。ほう。客観的な俺はけっこういい感じである。これは一般的な意味での「立つ」に該当するんではなかろうか。
 くそボケ。違う。なんでそう型にはめようとするんだ君たちは。そうじゃない。これが「立つ」と言うんであれば、感覚としては死んでいる。俺はまだ立っちゃいない。そう、君たちの目には赤ちゃん(俺)は立っている。しかし赤ちゃんの脳みその中では起き上がっていない状態。体感と実体が乖離している。それは脳みその病気か何かか? ようは「やりたいこと全然やってない!」という気持ちでいっぱいなんである。お前ら(母)が「Y平ちゃんタッチしたあ、えらいねーヨチヨチ」と褒めたたえる一方で、赤ちゃんは「うるせえよハゲ!」と怒っている。怒っている。赤ん坊は怒ると何をするか。泣くのである。だから俺は泣く。ギャーン! あやせよほら。
 というわけで30にもなったしそろそろ本気で人生を考えたい。まずは文章力を磨きたい。なぜか。会社のため? 会社なんて潰れろと思ってんよ。違う。やっぱり作家になりたいんである。そのためには毎日のブログ更新はさることながら、一発小説が書きたい。そんで今、投稿用の小説と同人イベントで出す小説を書いている。筆は遅々としてすすまないが、遅々とでもすすむ事が大事である。コツコツとやっていきたい。同人イベントで出した小説は後々Amazon Kindleで出版しようと思うからみんな買ってねー。
 とまあ真面目に語ったけれども。ふと若かりし頃の僕はどれほど勃っていたのか気になり昔のオナ禁日記あさったらすごかった。
 たたきプレイ
 やはり若いってのはそれだけで素晴らしい。↑に比べれば確実に衰えている。俺は30になっても立ちたいし勃ちたい。ママは下ネタはお嫌い? だー。

タートルネック着たい。ジョブズみたいに

 そろそろ僕の服を買わなきゃならない。いつも会社に着て行っている灰色のヒートテックがあるのだが、あまりに着すぎてペラペラになっている。そろそろ乳首が透ける。妻もそのヒートテックで会社行くの? とゴミを見る目で僕を見てくるし。いっちょまえの既婚者が擦り切れたヒートテックで社会人気取るのはヤバい。(そもそもヒートテック一枚で会社行くなよ。という虚空からの声は一切聴こえない)
 じゃあ何着るか。そうねえやっぱりIT企業に勤めるものとしてラフだけど一本オーラがあるみたいな恰好がいいよね。IT、ラフ、オーラ、それを統合するとスティーブ・ジョブズの格好、いいね! となるわけである。アップルだけど、いいね!
世界の成功者たちが「毎日同じ服を着る」興味深い理由
2684455_2011-10-06_b_sub1.jpg
出典:calligraphy-expo.com
 ここの記事でも書かれてるけど、黒のタートルネックにジーンズ、これがIT企業というかジョブズのジャスティスなのである。同じIT企業人として僕も真似したい。これ着て新規プロジェクトのプレゼンなどをしたい。このプロジェクトは成功すると確信している、とか欧米人みたいなこと言いたい。ジョブズのようにエブリデイタートルで行きたいから、1週間全てこれで着まわすと3枚ぐらいは欲しいね。
 しかし問題がある。この黒のタートルネック、うちのオシャレ課長が愛用しているのである。その課長、もう40過ぎてるんだろうが、体はムキムキ、趣味はスノボとサーフィンときたものだ。整えられたオシャレな無精ひげをひっさげ、厚い胸板をパーンって張り裂かんばかりに黒のタートルネック着てんのね。さすがにそれを無視して黒のタートルネックを着たら部内で噂される。そういうハイソな課長と同じ格好してたらいかにも真似したみたいで怖い。おまけに裏で「タートルズワロタwww」とかコソコソ言われるのは目に見えている。その揶揄を聞いたハイソ課長が「お前、タートルネック着るのやめろ。これは俺のブランドだ」とか言ってきたらたぶん泣く。ペラペラの灰色ヒートテックを白くなるまで着つぶすことになるであろう。
 というジレンマを妻に吐露したところ、「Y君だってヒートテック一枚で会社来たいって人を邪魔してるのかもしれないよ」と妻。「ヒートテックはY平のブランド的な」という名言も飛び出し何か盛り上がる。しかしひとしきり盛り上がった後、ふと我に帰る二人。ヒートテックを積極的に着たいってやつ見た事無いなと二人の胸中に一抹の常識がちらりと。
 ひとまずタートルネック着たいのに、うちのオシャレ課長が着てるせいで着れない。これはある種ハラスメントですよ。パワハラですよ。訴えねば。では「俺はタートルネック着たいんです」って総務に相談したら? どうなる? ひとつ上の男に? セクハラです?

交互浴にすっかりはまった札幌温泉野郎

 日曜は近所の温泉に行った。花ゆづきって言うところ。入泉料670円。若干高めだがお食事どころやらリラクゼーションルームやらついてて、入浴後にこうしてMac bookでもってドヤ顔日記更新出来る。晩飯作るのめんどいなーってときに、ここでネギトロ丼を食べ、温泉にゆっくりつかると完全に最高です。
 温泉はどうか。ヨッピーさんもおすすめしていた炭酸泉がある。炭酸泉でゆっくりし、水風呂で副交感神経を刺激。恒例の交互浴も4回ほどかまし、頭はすっきり。最高である。
 というか札幌の温泉、市内でも蔵の湯やら極楽湯やら、レベルの高い温泉が多い。関東だったら数はあるけど質はお察し感満載なのに、札幌ときたらハズレが一個も無い。やばい。俺のための都市。銭湯フリークの俺のための都市。
 ちなみに関係ないけど交互浴を本ブログで勧めまくっていたところ、俺の妻が交互浴を実践してくれた。嬉しい。僕は世の中を少しだけ良い方向に変えられたわけ。
 さらに関係ないけど、水風呂に若者が多かった。あれだ、もしかしてヨッピーさんが勧めまくったからインターネッターの若者が交互浴の魅力に取り付かれて? あるいは? 俺のブログを見て? そういう妄想をするのは少しだけアクセス数が増えてきたブロガーがやりがち。俺、アルファーブロガーなんじゃない? とか。世の中全て俺の影響受け始めてると思い始めるイスラム国ライクな思考。どうでもいい。温泉はいりたい。

レーザー脱毛は痛くないとか言うけどあれ嘘だから覚えとけ

 ヒゲ脱毛に行っていると前書いた。レーザー脱毛。あまりの痛さになんでこんなことしなけりゃならないんだと思っていたけれども、なんやら痛いのは最初だけらしい。最初は毛が太いからレーザーが広範囲の黒に反応して痛くなる。ナースが言っていた。なので、2回目の今回はたぶん痛くないはず。ノリノリで皮膚科にIN。
 いつものように診察台に寝かされレーザーバチン! あら? あまり痛くない。本当に2回目は痛くないの法則発動した。これならイケる。バチン、バチン、バチン。あ、嘘。痛い部分はすげえ痛い。っつーかほとんどの部分痛い。さっき痛くなかったのはたまたま痛くない部分やられただけだわ。
「痛かったら言ってくださいねー」
 ナースの天の声が響く。あ、じゃあ痛いっす。「ですよねー。じゃあちょっとジュール下げますね」っつってちょっと出力下げてくれたよ。バチン。うん、変わらない。変わらず痛い。あまりに痛いのでもう一回言った、痛いっす。したらナース、
「あーん、ですよねー。痛いですよねー」
 って言ってくれた。否、言ってくれただけ。もう出力下げてくれない。あんまり下げすぎると脱毛の威力落ちるからっつって。つまりこれが痛さの最小値。バチン。これ以上耐えられない。バチン。泣いた。
 地獄の責め苦を終えると泣きっ面の僕にナースが遠慮がちに話しかけてくる。
「あのう……次の予約どうしますか?」
 トーン的にはもう脱毛やめますか? と言わんばかりの感じでナースが話しかけてくる。もちろん。来月もやりますよ。ええ、やりますとも。マジで。マジで脱毛もうやめたい。助けて。
1422105679259.jpg
 最近の御ヒゲ様。4日ぐらい剃ってない状態。まばらな脱毛跡が痛々しいが、確かに生えなくなってきた。

学校のカイダンを観たし来週も観る

 学校のカイダンを観た。僕は広瀬すずが観たいから、妻は神木君が観たいから。いっぱい宣伝してるし、さぞ面白いんだろうと思い観た。
 したらひどかった。1ミリも面白くなかった。普通面白くないドラマでも一人ぐらいはこいつはいいなってキャラがいたりするけど、何もなかった。キャラ全体ステレオタイプにハマった人間味のない感じ。キャラが話すセリフもシナリオの論理もひねりもなく、ただただおよそ人類が理解しがたい宇宙人のような論理で飛躍したご都合主義のシナリオ。ドラマ観ながら、「日本語でおk?」と思ったのは初めてである。
 しかし来週も観るのである。なぜなら僕は広瀬すずが可愛いから。妻は神木君がかっこいいから。視聴者なんてこんなもんである。

ファイアーアルパカでデザイナー気取り

ja_logo.png
 アプリを作るのにアイコンやら各種ウィジェット部品のデザイン込みでやってくれと言われたので、困った。うちはデザイン屋ではないのでPhotoShopやら高尚なイラストツールなんてないし。まさかペイントでやるわけにもいかんし。
 そこで、このブログでマンガとか描くときに使ってる、ファイアーアルパカを使ってみた。職場で。職場でこの一見ふざけたアルパカのアイコンが踊る。なんだかそれだけでとても楽しい。
 2時間後。ファイアーアルパカ様のおかげで、シンプルなアプリデザインみたいのができた。一応上司に見せたのだが上司も別にデザインのプロではないので、「お、おう」みたいな感じ。ファイアーアルパカ使って〜なんて自慢気に説明する僕。バックにはたぶんスネ夫が自慢する時の曲流れてた。
 しかしまさかファイアーアルパカを会社で使うことになるとは。人生なんでもやっとくものだね。

教育出張でまさかの白石康次郎さんの講演を聴く

 教育出張を嬉々として行ける人の気が知れない。いや、そんな人はいないとさえ思っている。それほど会社が用意する教育と、社員が受けたいと思っている教育のギャップは激しい。毒にも薬にもならない清廉すぎてゴミみたいなマインドを叩き込まれるだけの教育なんて受けても無駄。なので今回の教育出張もすげえ気が乗らなかった。札幌くんだりからいちいち関東まで来てやるほどの教育じゃない。金の無駄と思っていた。
 しかるに今回の教育。なんと高名な海洋冒険家の白石康次郎さんの講演があった。26歳で世界最年少無寄港ヨットで世界一周かましたソウルフルな人である。ゴミ真面目なうちの会社が呼ぶとは思えないナイス人選。
 金もない時代からヨットを自作し、世界一周までした。現在は有名なヨットレースに出場したり講演をしたりして生活してるみたい。メディアでは黄金伝説の芸能人無人島サバイバルなんちゃらとかなんとかのときに、審査員として出てたりする。
 かっこよかったね。夢を叶えるためにはっていうテーマで講演してた。好きを仕事にしてる感じが良い。「好きでやってる人は強い、夢中でやってる人はもっと強い」みたいなことを言ってた。やらされ仕事が大半の一会社員には刺さる言葉である。
 「夢を叶えるために会社やめます」って言う人が出るんじゃないかとヒヤヒヤした。そんぐらい良かった。しかしやらされ仕事を量産するうちの会社的にはどうなんだろうと思った。みんな夢に向かって会社辞めたら受けるのにプププゲラ。
 まあこんな斜に構えた事言ってるけど元気は出たね。

出張&武蔵新城の銭湯

 教育出張で川崎にいる。定時後札幌から4時間かけての強行軍。いつもながら超めんどい。
 ただめんどいながらも今回は目的がある。ためになる教育? そんなもの入社して一度もなかったわ。決まってるだろ。銭湯だよ銭湯。
 銭湯神ヨッピーが語る!見ると銭湯に行きたくなる最高の入浴法
 銭湯神ヨッピーさんによる銭湯の楽しみ方を読んでからと言うものの、銭湯やら温泉やらが大好きで仕方ないのである。特に交互浴。あれがいい。サウナや湯船に入った後、すぐさま水風呂にIN。これを3セット繰り返す。血行促進&交感神経と副交感神経の刺激により体すっきり睡眠ばっちりってなもんである。これを読んでる人は僕の日記なんて忘れて交互浴だけでも試してほしい。
 ということで、神奈川県は武蔵新城へ。武蔵新城駅からすぐ近くのバーデンプレイスにやってきました。
 場末の銭湯っぽい。周辺住民が足しげく通っている風情。こじんまりしたジェットバス&バブル風呂&ぬるめの露天で非常によかった。ただサウナが有料のせいで人がほとんど入っておらず、サウナ入ったらすげえ乾燥してて萎えた。やっぱサウナは人の湿気でむせ返るぐらいがちょうどいい。
 地味によかったのが風呂から出た後のまったり空間。受付の前のソファで怒り新党見ながらアクエリアス飲むのが完全に最高だった。交互浴の効果で頭もすっきり体もぽかぽか。はす向かいのソファでは近所の親父がスポーツ新聞読みながらまったりしている。時間がゆっくり流れる昔懐かしい良い雰囲気だった。
 というわけで銭湯最高! 最高なんだけど今ホテル取れなくてネカフェにいる。この記事もネカフェから。ただ物事はポジティブに考える。浮いたホテル代で明日の早朝も銭湯に行くのである。カチカチ。営業してる銭湯を探すなう。あれれ早朝からやってるところなんてないよ。これは銭湯いくから遅れますのパターンで明日の教育に臨まねばなるまい。基本に立ち返れ。今回の出張は、銭湯>教育なのである。そこのところ人事は勘違いしないでほしいねまったく。

俺が妻に怪訝な顔をされながらも金魚に話しかける3つの理由

 最近金魚に「おはよう」「元気?」「ごはんあげるよー」等々色々話しかけるようにしている。それを観て俺の妻は怪訝な顔をするのであるが、何を隠そうこの話しかけ症候群は金魚本の成果である。そう症状ではなく結果をともなう成果。
 
 ↑の書籍にも書いてあることだが、金魚に話しかけると良い理由が3つある。
・金魚の体調を気にする習慣ができる
・金魚がなつく
・金魚に愛着がわき、世話の障壁が低くなる
 実際、こうして金魚に話しかけることで金魚の微妙な体調の変化に目がいくようになった。糞の状態から金魚の状態を見たり、動きから水質が悪化してないかなどの手がかりを得られる。週一と機械的に決めて行っていた水換えも、金魚がちょっと元気無いなと思ったらすぐにやるようになった。おかげで最近の金魚は元気そのもの。
 ただ一番重要なのが3つめの愛着がわくことだと思う。気色悪い話しかけなど行わずに、最初からそういう風に世話をしておけばいいじゃないと小意地悪なあなたは言うけれど、そうじゃない。話しかけ→体調チェック→世話をするという流れなのである。人間なにもせずに体調チェックからできるわけじゃない。いきなり世話やけるのは菩薩か何かだ。愛着が沸いてない金魚だったら世話をするのは苦痛でしょそりゃ。まずは話しかけで愛着をつけるのが世話をするための最初のジャスティス。なので金魚でも何でもペット飼ってる人はまずはペットにしゃべりかけるところから始めるといい。川島なおみみたいに。「金魚ちゃーん、ママだよー」なんつって。別にバカにしてないよ。
Y「まだらちゃーん、ごはんあげるよー。取りにきてー。ほらほらー」
妻「……(川島なおみみたいだな)」

何でも横文字にする風潮

 世の中なぞの横文字に浸食を受けていると感じる。
 というのもある日。札幌のロフトを歩いていると腕時計に下記のようなポップが。
「リストウォッチ ○○円!」
 また、最近はニット帽のことを「ニットワッチ」と呼んでいるらしい。
09151308_523532a5e2379.jpg
↑ニットワッチ様のご尊顔 ©HUMAN and THINGS
 そして極めつけ。妻と一緒にテレビを見てたら、お昼のバラエティ番組(バイキング的なやつ)でまたまた謎の横文字。パンをソースにつけて食べるレポートシーンで下記のアナウンス。
「このブレッドをソースにディップして食べると絶品!」
 ゴミくずめ。なんでもかんでも。世の中謎の横文字にあふれてて、なんかむかつくのです。おそらく電通方面から出ているこの文言を考える人々の頭からブレインを引っこ抜いてブラッドの池にディップしたいと思うのは俺だけか。

歌詞が思い出せない結果

 最近妖怪ウォッチのアニメにハマっている僕と妻。
Y「ヨーデルヨーデルヨーデルヨーデルようかい出るけん出られんけん」
妻「ローイレローイレ仲間にローイレ」
……中略
Y「今日は朝かーら寝坊したー……」
妻「えーっと……」
Y「おひるまえーには起きたのにー」
妻「普通だ」

介護のためブログ休みます。

IMG_20150114_214633.jpg
 去年の9月からできるだけ毎日更新しようとしてた。誰にも言ってないけどほぼ毎日更新しようと心の中では思ってた。やる気はあった。
 しかるに。現状ブログを2日間更新しておらぬ。しかし「こんなにブログを休んでしまい申し訳」云々みたいなのは聞きたくない。君たちの耳を塞ぐ音が俺には聴こえます。そんなことより本題に行きなさいと。
 まあ聞け。我が愛しの金魚が病気にかかったといった。今は毎日塩水につけこんですっかり元気です。元気なのはいいこと。しかしだ。塩水って毎日交換しなけりゃならないのです。汚くなるのが早いから。へえ、毎日交換するんだと口にするのは簡単。しかし毎日交換する辛さ。もはや介護レベル。
 手順としては複雑を極める。まずは塩水からポンプとヒーターを出して水洗い。その次に半量の塩水を別水槽に移す。ついでに金魚を捕まえて別水槽に移す。塩水の入ってた水槽を水洗いする。その後新しい水を水槽に入れる。ヒーターを入れて加温し、塩を濃度0.5%になるように測りではかって入れてその後、バカ。
 手順多すぎるでしょ。ちょっとしたバイト。この間にブログ書けるわ。ちなみにこれで半分くらい。この後水温が24℃になるまで待ったりする。それが超めんどい。あと金魚が逃げる。別水槽に移すためにビーカーですくおうとすると「何するの!?」って感じで逃げる。悲愴的に逃げる。あまりに怖がるのですげえ悪い事してる気分になる。
 うんとこうんとこ。仕事から帰ってきたら風呂場で水槽を洗う日々。金魚にはすっかりビーカーで自分をさらって行く人として認知され近づくと怖がられてしまう。ズキリ。心が痛む。でも塩水かえなきゃ死んじゃうからね。嫌がる筋合いないからね、金魚くんマジで。しかし金魚はあまりストレスを与えると弱るとか言うじゃない? だからすっごい優しく、優しくあつかってんの。金魚にまで気を使うの俺。何してる。金魚はストレスで弱るし体調を崩すかもしれないけれど、俺だってメンヘラってるからな今。病院行ってんぞ。お薬飲んでるぞ。金魚が死ぬのが先か、俺が発狂してネグレクトするのが先か。どちらが先か。必見です!
 ということで金魚の介護に忙しくてあまりブログを更新する時間がないって話です。申し訳ありません。でも今更新してるからね。たぶん嘘だよ。言い訳だよ。