古手川

 正直徒然日記と、メインを分ける必然性を感じなくなってきたので、今日からこちらで書きます。毎日。
7月8日 雨
 オナ禁7日目なんだけど、死ぬ。死んでしまう。というと今日もオナ禁日記だなんてワンパターンだなあだなんてあんたはお茶を濁すかもだけど、そういうことじゃない。それ以外考えられないほど切羽詰ってる。オナ禁以外書くことができない。かいてないがゆえ書くことができない。かきたい。書きたいんじゃないよ。かきたいんだよ。かきたい。かきたい。バーカバーカ。うんこ。
 脈絡もなくバーカとかうんことか言った。もうダメだ。精神錯乱している。しかし相も変わらず今日も動ナビチェックは欠かさなかった。かかないのに欠かさなかった。で、すごい上玉の動画4本ぐらい手に入れたもじゃーヤター。しかしそのせいで、危うく鬼のチンポを解放しそうになった。手袋を脱ぎそうになったよ。ぬ~べ~っぽく。「鬼の……チンポ……!」こっの世~っは分からない、こっとが、たくさんある♪ ってか? あ、でも手袋を脱ぐとなんて書くと包茎みたいに思われるね。書くとっつってもかいてないけど。堂々巡りワオ!
 で、オナ禁7日目にして、顕著な変化が訪れたので報告しとく。ジャンプで連載してる、「To LOVEる」っつー漫画が好きになってきた。いや、実際クソ漫画もいいとこ、ただ無節操に裸やパンチラ出しときゃいいっしょーみたいな、超絶クソ恋愛漫画なんすけど、あんなに嫌いだったのに好きになってきた。というか、漫画自体は嫌いなんだけど、それに出てくる古手川っていうツンデレ娘が好きになってきた。
 彼女のキャラはツンデレ風紀委員で、すぐエロイことになる主人公とその連れたちを、「破廉恥な!」っつって冷たい目で見て、しかりつけるってキャラなんすけど、どうやら古手川さん。はじめは、汚らわしいと思っていた主人公を好きになりはじめたらしく、その行動が一々萌える。
 例えば、気づくとすぐに主人公の顔を思い出し、「な、なんであいつの顔が思い浮かぶのよっ」と言う具合に一人でまごつく。どの漫画でも出てくる、ツンデレの世界基準をいく古手川さんですが、今回は、主人公と歩いてたら、突然の大雨に。だので、公園のせまーい遊具の中で二人で雨宿りしましたよと。びしょ濡れの古手川さんに、ハンカチを差し出す主人公、「ハ、ハンカチ使えよ!」主人公のハンカチを握り締め、「優しい……私……やっぱりこの人を……」と想いをふくらます古手川はん。このときの表情。これがたまらない。
 で、古手川はん最高どすえーっつって、ブリ大根食いながらそのシーン見てたら、ブリ大根がつるってなりましてん。古手川はんの顔にブリ大根べチャーつきましてん。したら、なんか青臭いシミができてしまって、なんかこう好きな人にぶっかけてしまったみたいな罪悪感にとらわれ、興奮するやらがっかりするやら。
 ってぐらいひどいことになってる。頭が。オナ禁、恐るべし。
 オナ禁7日目 : 二次元に目覚める
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

古手川」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    みなさん>
    まだ心の準備が……のとことか反則だよな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。