4月23日 ジムでヌシと会う

 昨晩は23時に床についたが全く寝られず。結局寝たのがたぶん2時ぐらいになってたと思う。
 夢を見た。どういった夢か忘れてしまったが愉快な夢だったと思う。しかし愉快な夢と言えど連日見るのでやはり眠りが浅くなっているのだろうか。睡眠薬とかちぃとも効いてる感じがしないので、やはりあの主治医はヤブだと思う。
 起きたのは12時だった。今日は妻のお見送りができず。睡眠不足のせいか、夢のせいか気分は悪い。シャワーもあびておらず汚い。ひとまずシャワーを浴びようかと思ったが、どうせシャワー浴びるんならこのままジムに行って汗を流してからシャワー浴びた方が効率いいんではないかと思い始める。シチューをかっこみ寝間着のジャージのまま区営のジムへ行く。歩いて2分。
 ジムではいつものメニュー。最近は週2で行っている。肩と僧帽筋をメインにこなす。ふと、周りに目をやるといつ来てもいるおじさんが筋トレをしている。ほんといつ行っても出会うので、僕はひそかにこのおじさんのことを「ジムの主(ヌシ)」と呼んでいる。ヌシは筋骨隆々で、いつも胸系のトレーニングばかりやっている。いやちょとまて。なんで木曜の真っ昼間からこのヌシはいるんだろう。仕事何やってるんだろう。ニートなのかな……と思いつつヌシの美しい筋肉を眺める。しかしよく考えてみたら向こうも俺を見てそう思ってる可能性大である。「平日の昼間からこの青年はなんだ?」とか思われてる。もしかしたら俺もヌシ呼ばわりされているかもしれん。
 ジムの帰り道、散歩をする。今日は6月上旬ぐらいの気温があったらしい。暖かくて気持ちがいい。筋肉が適度に張っているのもいい。関係ないけど体脂肪測ったら13%だった。メンタルはアレなのに体だけは強靭です。復職した折には「Y平、でかくなったな(物理的に)」と思われたい。
 15時、帰宅。シャワーは結局あびなかった。食器なんやらを洗いつつ、落語を聴く。時ソバ、元犬、薮入り、化け物屋敷なんかを聴いた。柳家喬太郎面白すぎた。円楽は別に面白くない。
 落語を聴いて楽しかったが、楽しいと同時に俺も落語やりてえと思い始める。柳家喬太郎の喋りにあわせて俺も倣って噺してみた。全然できない。レベルが違う。すぐ同じ土俵に立とうとする性格。これが厄介である。俺は演劇でも落語でも、すごい人を見ると俺もこのぐらいやれるはずと思うタチである。んで、実際やれなくて凹むのである。こういう性格も病気を悪化させるアレなんだろうか。といっても、円楽ぐらいならできる気はしている。喬太郎は無理でも円楽ぐらいなら。
 夜は妻と茶太郎と遊んだ。ちょうど茶太郎も生後4ヶ月になるので盛りがついてくることである。茶太郎が俺の足にしがみついて腰をカクカクさせる。すごいイヤだった。小さいチンコが足の指にあたるのがイヤだった。イヤだったけどなんかこう女の子の気持ちが少し分かり面白くもあった。4、5回にわたる執拗な茶太郎ピストンに嫌気がさし、「ああーん、それ以上は駄目え」と嬌声をあげると妻に爆笑された。良い夜である。これでぐっすり寝られれば言う事ないのだが。

4月23日 ジムでヌシと会う」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いいね、いい。実に良いよ。
    そうやって好きなことに身を任せるんだよ。
    人が生きて行くには色んなしがらみを背負い込みすぎなんでさぁ。
    もちろんある程度、誰だってなにかしら背負い込んでるもんだ。
    でもよ、それを他人に背負い込ませる奴なんざいねぇよ。
    中にはいるかもしれねぇけど、結局は自分自身が決断をしなきゃなんねぇんよ、何事もさ。
    心も思うままに生きられたらどんなに楽かなぁなんて、妄言はいたりするさぁ。
    言うのはタダ、タダ。どんだけでも言やぁいいのさ。こっそりとな。
    ヌシだって好きなことやりに来てんだよ、きっとな。
    あれだよ、ヌシは。
    一週間に一回の社内会議にさえ参加すりゃいい役職の人間なんだよ、きっと。
    そうやってあれこれ見る人出会う人のバックグラウンド妄想するの案外楽しいぜ?全く見当違いでも勝手にテメェで設定作るんだよ。
    他人に設定してやるんだから、自分自身にも設定作っちまえばいいんだよ!
    まずは力と体力にステ振って、素早さはないから〜とかよ。
    本編には出てこない裏設定も自分自身につくっちまえばいいんだよ。
    言いたいことは分かるよな?
    でぇじょうぶだ、デレゲンベウルある!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。